08/09
2022
Tue
旧暦:7月12日 赤口 甲 
社会・全般
2013年2月13日(水)9:00

離島の保健システム学習へ/ミャンマーから研修生

下地市長を表敬訪問


下地市長(後列中央)を表敬訪問したミャンマーからの研修生たち=12日、市役所平良庁舎

下地市長(後列中央)を表敬訪問したミャンマーからの研修生たち=12日、市役所平良庁舎

 国際協力機構(JICA)の2012年度研修で来沖しているミャンマーの医療従事者ら8人が12日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、離島の保健システムなどについて研修することを報告した。


 ミャンマーは妊産婦死亡率や乳幼児死亡率、感染症の罹患率が非常に高い。

 今回の研修では、戦後の沖縄で実施されたマラリヤやフィラリヤなどの感染症や母子保健への取り組みを学び、ミャンマーでの感染症管理と母子保健のための持続可能な改善案を計画し、実施するために必要な知識や技術を習得する。

 研修期間は1月23日から2月19日までで、宮古では12、13の2日間、保健センターや宮古病院、宮古福祉保健所で市の母子保健事業やフィラリア対策、緊急時の体制作りなどを学ぶ。

 研修生らを代表して、医師でありミャンマーの保健省保健局公衆衛生部で次長を務めるラ・ミャ・トゥイ・エンダ氏が「ミャンマーにもたくさんの島がある。離島の保健システムの強化について学びたい。この機会を与えてもらい感謝する」とあいさつした。

 下地市長は「感染症問題は、どう撲滅させるかという問題と、経済的問題が結びついていると思う。しっかりとした教育と社会的安定がないと撲滅はできないと思う」との考えを示した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!