08/17
2022
Wed
旧暦:7月20日 友引 壬 
教育・文化
2013年3月7日(木)9:00

「モズクの魅力再発見」/狩俣小児童

地域の産業を学ぶ


モズクの魅力について学んだ学習会=5日、狩俣小学校

モズクの魅力について学んだ学習会=5日、狩俣小学校

 地域の産業を学ぶことを目的に狩俣小学校(野原敏之校長)の「狩俣モズクの学習会」が5日、同校ランチルームで行われた。

 全校児童35人が参加し、モズクが採れる狩俣地域の豊かな海や自然を感じながら、モズクの生産に携わる人たちの工夫や努力を学び、モズクの魅力を再発見した。

 同教室には、県や市の担当職員のほか、モズク生産組合の組合員がゲストティーチャーとして参加し、モズクの魅力を紹介した。

 同教室では、宮古島では狩俣を含め、池間、西原、島尻、久松、来間の6カ所でモズクが生産され年間の生産量は827㌧であることなどが説明された。

 また、糸モズクについては宮古島で唯一、狩俣地区でのみ生産され生産量は県全体の28%で、恩納村に次いで県内2位の生産量となっていることなどが紹介された。

 児童たちは、太モズクと糸モズクの違いやモズクが養殖され出荷されるまでの過程について学び、最後は地元産のモズクを味わって地域の産業を学んだ。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

2022年8月14日(日)8:58
8:58

14日からの公務開始発表/第48代ミス宮古島

夏まつり延期で観光協会   宮古島観光協会の吉井良介会長らは12日、会見を開き、14日を開催日としていた宮古島夏まつりが延期されたことにより、まつり内で実施予定だった第48代ミス宮古島発表会が同日に行えなくなったものの、14日から第47代から第48代…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!