07/07
2022
Thu
旧暦:6月9日 友引 辛 小暑
政治・行政
2013年3月19日(火)9:00

琉球海運 台湾航路を計画/市議会一般質問で副市長答弁

来年5月、貨物船運航


琉球海運の台湾運航の準備が明からになった一般質問=18日、市議会議場

琉球海運の台湾運航の準備が明からになった一般質問=18日、市議会議場

 開会中の宮古島市議会(平良隆議長)3月定例会は18日、一般質問3日目が行われた。与野党5人が登壇し、市当局の考えをただした。長濱政治副市長は、「琉球海運が来年5月から那覇・宮古・石垣航路を台湾(基隆)まで延長し、貨物船を運航させたいという準備があると聞いている」と述べた。下地智氏の質問への答弁。


 かつて有村産業が那覇・宮古・石垣・台湾などを結ぶ航路で貨客船を運航させていた。しかし、同社は燃油高騰のあおりなどを受け業績が悪化。「飛龍」は2008年5月28日、「飛龍21」は同年6月6日にそれぞれ運航を停止した。

 下地氏は「多くの人が、那覇・宮古・石垣・台湾航路の運航再開を待ち望んでいる。今後の貨物船の運航展望についてお聞きしたい」と質問した。これに対し、長濱副市長は、琉球海運の運航準備を初めて明らかにした。

 一般質問終了後、下地氏は「沖縄・宮古・石垣・台湾航路が改めて開設されると、貿易取引のコストダウンにもつながり、地域経済の活性化になる。貨物船運航に向け、宮古では環境整備を行う必要がある」と語った。

 琉球海運企画部は、宮古毎日新聞社の取材に対し「台湾向けの外国航路については国交省に申請を行っている。来年5月に航路取得の見通しだが、現在、計画申請の段階であり、具体的な内容については後日、マスコミを通じて発表したい」と説明した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!