07/07
2022
Thu
旧暦:6月9日 友引 辛 小暑
産業・経済
2013年3月22日(金)9:00

建物完成、来月オープン/新あたらす市場

地産地消拠点機能を充実


建築工事が完了した新あたらす市場=20日、JAおきなわ宮古地区本部

建築工事が完了した新あたらす市場=20日、JAおきなわ宮古地区本部

 JAおきなわ(砂川博紀理事長)が宮古地区本部前で建設を進めてきたJAファーマーズマーケット新「あたらす市場」の建築工事は、20日までにほぼ完了した。今後、内部設備を整えて4月5日にオープンする。売場面積は、現施設の1・5倍の492平方㍍。陳列スペースを広げて、地元農産物の種類を増やすことで、地産地消の拠点機能を一層充実させる。


 売場には、会員600人が丹精込めて育てた野菜や果樹、畜産物、加工品を豊富に取りそろえる。同市場は「朝取り新鮮な野菜」や「安さ」が特徴。商品の「安全、安心」のため「顔の見える販売方法」を採用しバーコードに、生産者名を表示した。

 地元農産物に付加価値を付ける「加工室」は、Aコープ城辺店に委託する。マンゴージュースやハンバーグ、天ぷらなど宮古ならではの総菜を多くそろえて販売。ピロティーには椅子とテーブルを備え、食事をゆったりと楽しめるように工夫した。

 現市場の建て替えは、現在の建物が旧農民研修センターを改装した多目的ホールの設計で店舗に合わず、老朽化も著しいなどの課題があるため、これを改善し快適な買い物空間を提供する目的で実施した。

 商品を納品する会員や利用者が年々増えて、陳列場所の確保に苦慮している状況にも対処した。構造は、年寄りに優しい段差のないバリアフリーにした。

 総事業費は、約2億5000万円。国の補助事業を導入した。延床面積は、862平方㍍と広い。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!