02/03
2023
Fri
旧暦:1月13日 先勝 壬 
環境・エコ 産業・経済
2010年9月5日(日)10:10

植え付けスタート/冬春期野菜 ゴーヤー皮切りに

ハウスに植え付けられたゴーヤー=4日、平良鏡原

ハウスに植え付けられたゴーヤー=4日、平良鏡原

 JAおきなわ宮古地区営農センターが今年から来年にかけて島外に出荷する冬春期野菜の植え付けが、ゴーヤーを皮切りに始まった。今期は出荷量565㌧(前期比113㌧増)、販売額2億4200万円(同比4700万円増)を目指す。植え付けは年内に終わり、今年の10月から来年6月ごろまで出荷される。
 
 
 県産ゴーヤーは、国産指向や健康ブームに乗り消費量が年々増え、現在、関東都市圏では主要野菜に育ったという。消費者に認知されたゴーヤーは毎年、高値安定で推移。前期も不景気の逆風だったが、キロ単価は前の年を34円上回る432円と高値だった。
 
 今期は2007年の拠点産地認定から、3年目に入る。専門部会はブランド確立を視野に▽「定時・定量・定品質」出荷▽顔の見える産地構築-などに取り組む方針を示している。
 
 JAが取り扱うカボチャやトウガン、インゲンなどの野菜も、年内に植え付けが終わり、年明けには、出荷が本格化する。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!