08/12
2022
Fri
旧暦:7月15日 先負 丁 
産業・経済
2013年4月6日(土)9:00

新あたらす市場オープン

地産地消の拠点期待/大勢の買い物客でにぎわう


大勢の買い物客でにぎわった新あたらす市場=5日、JAおきなわ宮古地区本部前

大勢の買い物客でにぎわった新あたらす市場=5日、JAおきなわ宮古地区本部前

 JAおきなわ(砂川博紀理事長)のファーマーズマーケット新「あたらす市場」が5日、JA宮古地区本部前でオープンし、大勢の買い物客でにぎわった。売場面積は、旧施設の1・5倍の492平方㍍。陳列スペースを広げ、品ぞろえを豊富に地産地消の拠点機能を充実させた。


 オープニングセレモニーでは、福寿保育園の園児たちがかわいらしく踊りを披露。砂川理事長らが紅白テープにはさみを入れ、オープンを告げた。

 客らは午前時のオープンと同時に、店内にどっと入った。商品台には「朝取り新鮮な野菜」や、加工品、総菜などがずらりと並んだ。どの品も安いとあって、飛ぶように売れた。

 商品を納品する会員は、約700人。商品の「安全、安心」を確保するため「顔の見える販売方法」を採用し、バーコードに生産者名を表示した。

 主婦の平良真理さんは、ピーマンやニンジン、タマネギ、キャベツ、トウガンなどを買い物かごいっぱいに買った。「あたらす市場の商品は、新鮮で安い。子どもが多いので助かる」と安い買い物に満足そうだった。

 営業用に野菜を大量に買い込んだ青柳亮一さんは「種類が多く、安い。仕入れは、ここ1カ所でだいたいは済む」と述べ、同所が卸市場的な機能を持つことを示した。

 かき氷やポップコーンを無料で提供するコーナーは、長蛇の列。JA女性部の漬け物などの即売品も好評だった。民謡ライブなどの余興も盛り上がった。

 旧市場の建て替えは、建物が旧農民研修センターを改装した多目的ホールの設計で店舗に合わず、老朽化も著しいなどの課題があるため、これを改善し快適な買い物空間を提供する目的で行った。

 商品を納品する会員や利用者が年々増えて、陳列場所の確保に苦慮している状況にも対処した。構造は、高齢者に優しい段差のないバリアフリーにした。

 総事業費は2億1090万円。国庫補助が1億3390万円、自己負担金が7699万円。総面積は、862平方㍍と広い。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!