08/12
2022
Fri
旧暦:7月15日 先負 丁 
環境・エコ
2013年4月18日(木)9:00

ごみ1万7700㌧処理/市12年度

5年前と比べ7%減


空き缶などのリサイクルが行われている=17日、市ごみ処理施設

空き缶などのリサイクルが行われている=17日、市ごみ処理施設

 市生活環境部環境衛生課のまとめによると、2012年度にごみ処理施設で処理したごみは、前年と比べ横ばいの1万7718㌧となった。ごみ有料化が始まった前年の年度との比較では、1341㌧(7%)減少した。有料化を契機に、市民に減量意識が高まったと推測している。


 分別収集ごみの中では「可燃ごみ」が最も多く、全体の約8割を占める1万3948㌧となった。古紙がごみ同然だった07年ごろは、新聞紙などが大量に持ち込まれたが、現在はリサイクル業者が回収するようになり、減量を後押しした。07年度と比べ、1944㌧(12%)減った。

 シャンプーやリンス、洗剤などの詰め替え用や、マイバックの普及など、エコ関連の動きも大きいと指摘する。

 アルミ缶などの価格も上昇し、3~4業者が回収するようになった。同比153㌧(13%)の減少。ペットボトルは、同比29㌧減った。

 環境衛生課では「可燃ごみの減量は、燃焼によるCO の排出量を減らし、地球温暖化防止に結び付く。建設から35年を経過し、老朽化した焼却施設の負担も軽減される。資源ごみの分別は、限りある資源の有効利用の観点から大切になる。市民の皆さんには、今後ともごみの分別を徹底してほしい」と呼び掛けた。

 粗大ごみは08年度以降、増加傾向にある。

 資源ごみは▽新聞▽雑誌▽段ボール▽牛乳パック▽容器包装紙類▽ペットボル▽発砲トレイ▽発砲スチロール▽廃用油▽カン▽金物-など多種類に及ぶ。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!