08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
政治・行政
2013年4月30日(火)9:00

怒りこぶし突き上げ/4・28

宮古でも政府式典に抗議



政府式典に抗議し、怒りのこぶしを突き上げる参加者ら=28日、市役所平良庁舎

政府式典に抗議し、怒りのこぶしを突き上げる参加者ら=28日、市役所平良庁舎

 4・28政府式典に抗議する「屈辱の日」宮古地区大会(主催・同実行委員会)は28日午前11時から、市役所平良庁舎玄関前の駐車場で開いた。この大会は、政府が沖縄を日本の政権下から切り離したサンフランシスコ講和条約を発効した1952年4月28日を「主権回復の日」とし、東京で同午前11時から開催した「主権回復・国際社会復帰を記念する式典」に合わせて開かれた。大会には労組・平和団体などの関係者ら約300人(主催者発表)が参加。政府の主権回復の日の位置づけに抗議し「4・28は沖縄の屈辱の日」と怒りのこぶしを突き上げた。大会決議・スローガンを採択。



 沖縄は同条約によって米軍の占領下に置かれ、米軍による事件・事故がこれまでに5800件余り発生したとされる。


 決議文は「沖縄が切り捨てられた『屈辱の日』に『主権回復の日』としての政府式典を開催することは、沖縄県民の心を踏みにじり、再び、沖縄切り捨てを行うものであり、到底許されるものではない。よって、われわれ沖縄県民は、政府式典に反対し、強く抗議する」などの内容。


 スローガンは「欠陥機オスプレイを即時撤去し、追加配備と嘉手納基地への配備計画をただちに撤回せよ」「普天間基地をただちに閉鎖・撤去し、県内移設を断念せよ」「基地のない平和で、緑豊かな沖縄を実現しよう」など4つ。


 実行委員会の共同代表で市議会議員有志の新城元吉氏は「沖縄は61年前の4月28日から苦難の毎日が続き、今なお重くのしかかっている。沖縄にとって4月28日は屈辱の日。沖縄は日本本土に復帰しても主権は回復していない。本当の主権が実現するまで、政府のゆがんだ考えをただそう」と訴えた。


 同じく共同代表で平和運動センター宮古島の砂川勝哉氏は「安部首相は憲法96条を改正し、最終的には憲法9条を改正して戦争に入ろうとしている。改憲はいつか来た道を進もうとすること。子どもたちを戦場に送っていいのか」と改憲の動きに危機感を募らせた。


 宮古平和運動連絡協議会事務局の清水早子氏は、安部政権が戦争のできる社会をつくろうとする動きを批判した上で、警戒心を強めた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!