08/15
2022
Mon
旧暦:7月18日 赤口 庚 
政治・行政
2013年5月1日(水)9:00

航空運賃の助成開始/宮古島市

難病、がん患者を支援


 宮古島市(下地敏彦市長)は4月から、難病やがん患者らの市外通院治療に伴う航空運賃の一部助成を開始した。助成額は1回で往復1万円(片道5000円)を上限とし、年度で2回まで認める。今年度予算は、180万円を計上した。


 航空運賃の一部助成交付制度は、難病患者などの経済的負担軽減を目的に実施する。

 市健康増進課によると、30日までに助成申請書を提出した人は1人、10人に申請用紙を配布した。

 宮古のがん患者の支援を行政に要請してきた「ゆうかぎの会」の真栄里隆代代表は「患者の支援が目に見える形で、始まったことは心強いし、ありがたい」と感謝した。

 がん患者の支援に関しては県も昨年、条例を制定した。今後に向けては、新宮古病院の機能充実や付き添えで行く家族が泊まれるファミリーハウスの設置などを要望する。

 がん患者にとって沖縄本島や本土への渡航は、多額の費用がかかるため経済やや精神面の負担を強いられているという。

 助成は国、県が実施する特定疾患治療研究事業または小児慢性特定疾患治療研究事業で、受給者証の交付を受けている人-などを要件とする。市内で受給者証を受けている人は、約200人(2010年度現在)いる。

 交付要件には▽がん患者で市以外の医療機関での通院治療が必要と主治医が認める人▽特定疾患の受給者証の交付を受けている人のうち、低年齢か介護が必要で、一人での通院が難しい人に付き添う同行者(患者の2親等以内の親族に限る)-も示している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

2022年8月14日(日)8:58
8:58

14日からの公務開始発表/第48代ミス宮古島

夏まつり延期で観光協会   宮古島観光協会の吉井良介会長らは12日、会見を開き、14日を開催日としていた宮古島夏まつりが延期されたことにより、まつり内で実施予定だった第48代ミス宮古島発表会が同日に行えなくなったものの、14日から第47代から第48代…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!