08/09
2022
Tue
旧暦:7月12日 赤口 甲 
産業・経済
2013年5月1日(水)9:00

一層の生産拡大を決意/JAオクラ部会

拠点産地化、盛大に祝う


拠点産地化を祝い「オクラ讃歌」を歌う部会員ら=30日、JAおきなわ宮古地区本部ホール

拠点産地化を祝い「オクラ讃歌」を歌う部会員ら=30日、JAおきなわ宮古地区本部ホール

 宮古地区におけるオクラの県拠点産地化を祝う祝賀会が30日、JAおきなわ宮古地区本部ホールで開かれた。JAおきなわ宮古地区野菜・果樹生産出荷連絡協議会オクラ専門部会の部会員をはじめ農業関係団体の代表らが参加して拠点産地の認定を喜んだ。同部会の國仲常夫部会長は「拠点産地は部会員の努力と関係機関の指導のたまもの。県の拠点産地に認定された以上は右肩上がりの生産を続けていきたい」と話し、宮古産オクラの一層の生産拡大に向けて決意を示した。


 宮古地区のオクラは今月26日、県の拠点産地として認定された。路地での作付面積が10㌶以上、生産出荷組織やオクラ産地協議会の設置など各種要件をクリアして県に認められた。

 拠点産地に認定されると県内外への知名度はもとより、産地指導や技術問題の解決および各種事業の導入において県の積極的な支援を受けることができる。

 國仲部会長は「拠点産地に認定されたことで宮古島産のオクラがますます全国にPRできる」と拠点産地化のメリットを強調。「これからも消費者に好かれる安全で安心なオクラ生産に努めよう」と呼び掛けた。

 会場には女性部が考案したオクラ料理がずらりと並んだ。オクラを使った寿司やスープ、ピクルス、酢味噌、ケーキなどが振る舞われ、参加者はその美味に舌鼓を打っていた。

 祝賀会では楽しい余興が複数披露され、最後まで大盛況だった。部会員は拠点産地化を祝いながら今後の生産拡大を誓った。

 宮古地区においてオクラ生産が本格化した当初は栽培面積4・5㌶、出荷量は33㌧程度だったが、その後は右肩上がりで推移。現在は栽培面積10㌶、出荷量は60㌧を超えている。部会員数は87人となっている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!