08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
社会・全般
2013年5月2日(木)9:00

伝統の技磨き上げて/宮古上布後継者育成事業

修了者2人、研修生3人を激励


修了者と研修生、関係者がそろって記念撮影=1日、宮古伝統工芸品研究センター

修了者と研修生、関係者がそろって記念撮影=1日、宮古伝統工芸品研究センター

 宮古織物事業協同組合(長濱政治理事長)は1日、2012年度の宮古上布後継者育成事業閉講式と13年度の同事業開講式を宮古伝統工芸品研究センターで開いた。


 楚南寿子さんと木村麻衣子さんが、上布を織る1年間の研修を修了。根間由利子さん、菊野昌子さん、久貝偉久恵さんの3人が、伝統工芸技術の習得に挑戦する。

 長濱理事長は「世界に誇る宮古上布の技術をさらに磨き上げてほしい」と修了者を激励。研修生には「難しい技術だが、最後までやり抜いて」とエールを送った。

 安里肇宮古事務所長(代読)は「宮古上布の後継者として精進し、その技術をさらに次の世代に継承を」と期待を込めた。

 下地信男市観光商工局長は「13年度で新工芸センターが完成し、上布の発展に弾みが付くと思う。大きな志をもって研修にまい進してください」と激励した。

 講師の上原則子同組合専務理事は「修了者は十字絣の勉強に入る。十字絣は織りの醍醐味を味わえる」と述べ、高度な技術習得に奮起を促した。

 楚南さんは「学んだことを十分発揮できるよう頑張る」と決意を新たにした。

 根間さんは「多くのことを学び、一生続けられる仕事にしたい」と、将来を見据えた。

 同研修は1980年ごろから始まり、これまでに約160人が研修している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!