06/27
2022
Mon
旧暦:5月29日 先負 辛 
産業・経済 社会・全般
2010年9月10日(金)3:56

キビ年内操業、結論出せず/農業振興会評議員会 

サトウキビ年内操業などについて協議した評議員会

サトウキビ年内操業などについて協議した評議員会

低糖度など課題多く

宮古地区農業振興会の評議員会が9日、JA宮古地区機械化営農センターであった。サトウキビ年内操業の実施に向けて意見を交わしたが、課題が多く結論を持ち越した。下地敏彦会長(市長)とも相談した上で、改めて協議する方針。 この日は、過去の意見交換の中で出された期待点や課題点を集約して議論を進めた。


 期待点としては、ハーベスター利用率の向上に伴う労働力の軽減や春植え、株出しの拡大で増産につながるとする声が多い。一方で早期収穫による低い糖度、春植え、株出しのオペレーターと機械の不足、工場能力に見合う生産量の問題などの課題も挙げられた。


 このような意見を基に評議員会としての方針を協議したが、「本当に農家が早期操業を求めているのかが大切なこと」などとする慎重意見があった。製糖工場は「早期操業なら12月の頭から開始するのが良い。ただ、農家の中には12月末に操業を開始すると考えている人が多い。もう一度アンケートを実施しても良い」と提案した。


 結果として結論を先送り。下地会長の考えを交えて協議し、評議員会の方針をまとめることを確認した。

 評議員会ではこのほか、宮古地区畜産共進会の開催要領を確認した。開催は10月5日に決定した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!