08/13
2022
Sat
旧暦:7月16日 仏滅 戊 
産業・経済
2013年5月9日(木)9:00

消費拡大狙いキャンペーン/ゴーヤーの日

県販促協がセレモニー/格安ゴーヤー飛ぶように


店内に積まれたゴーヤーは格安とあって飛ぶような売れ行きだった=8日、あたらす市場

店内に積まれたゴーヤーは格安とあって飛ぶような売れ行きだった=8日、あたらす市場

 消費と需要拡大を狙いとする宮古地区ゴーヤーの日キャンペーンが8日、JAおきなわファーマーズマーケット「あたらす市場」で開催された。開店に先立ち2013年度「ゴーヤーの日」セレモニー(主催・県農林水産物販売促進協議会)が同店前で行われ、関係者らが集い消費拡大と地産地消の拡大をアピールした。1袋50円のゴーヤーが飛ぶような売れ行きだった。同販売促進協議会主催の「ゴーヤーの日」セレモニーの宮古島開催は今回が初めて。5月8日は語呂合わせで「ゴーヤーの日」。


 セレモニーで主催者を代表して、同協議会の砂川博紀会長が「この日を機会にゴーヤーの日を宣言し、消費拡大に全力をつくしたい」とあいさつ。高良倉吉副知事がゴーヤーの日にあたり「栄養豊富で爽やかな苦みを持つゴーヤーが全国の食卓を彩ることを願う」と宣言した。

 拠点産地を代表して長濱政治副市長が「生産農家が育てた安心安全なゴーヤーを安価で販売しているので、食卓で楽しんでほしい」と呼び掛けた。

 セレモニーにはJAおきなわ宮古地区野菜・果樹生産出荷連絡協議会の池間義光会長、宮古地区ゴーヤーの日実行委員会の委員長を務めるJAおきなわ宮古地区の岡村幸男本部長が同席した。

 店内には約3000袋のゴーヤーがうず高く積み上げられ、1袋(約500㌘)を格安の50円で販売した。開店と同時に訪れた市民らが品定めをしながら買い求めていた。昨年までは語呂合わせで1袋58円で販売してきたが、今年はさらに価格を下げて50円に設定した。

 60歳の主婦は「夕飯はトーフチャンプルにする。ゴーヤーは初夏の味で大好き」と笑顔でレジに並んでいた。また、75歳の男性は「ゴーヤーは大好き。少し苦みがあるところがおいしい。トーフチャンプルや天ぷら、ゴーヤーチャンプルなどにして楽しむ。ゴーヤーの日には毎年来ている」と話した。

 同店入口のテントではJAおきなわ女性部がゴーヤーのかき揚げ、佃煮などを即売し、好評を博していた。

 店内には同女性部がゴーヤーを使った肉巻きや南蛮漬けなどの料理が並び、そのレシピも配布された。65歳の女性は「レシピももらったので、ゴーヤーを使ったいろいろな料理を試したい」と笑顔で話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月11日(木)8:57
8:57

2次交通不足解消に期待 実証運行スタート/ループバス

  宮古島の観光名所などを巡る宮古島ループバスの2022年度実証運行が10日、スタートした。来年2月28日まで。最近のレンタカー、タクシー不足による2次交通問題が深刻化していることに対応するもので観光客の移動手段確保などに期待がかかる。

2022年8月9日(火)8:58
8:58

毎週土曜に「シギラ花火」

夏の夜空を彩る/9月末まで   シギラセブンマイルズリゾートの「シギラ花火」が6日、上野宮国のシビラビーチ周辺で行われた。毎日暑い日が続く今年の夏。会場では観光客や地域住民が夜空を彩る花火を見ながら楽しいひとときを過ごした。 今年のシギラ花火は、児童…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!