08/10
2022
Wed
旧暦:7月13日 先勝 乙 
社会・全般
2013年5月17日(金)9:00

インターネット被害が増加/12年度消費生活相談

相談294件で2%増/サラ金関係は減少傾向


12年度の消費生活相談状況を発表する池間つとむ分室長(左)ら=16日、県宮古合同庁舎

12年度の消費生活相談状況を発表する池間つとむ分室長(左)ら=16日、県宮古合同庁舎

 県宮古事務所は16日、2012年度に県民生活センター宮古分室へ寄せられた消費生活相談状況を発表した。全体の相談件数は294件で、前年度に比べて6件(2・1%)増加。このうち最も多かった相談はフリーローンやサラ金を含む融資サービスだが、減少傾向にあるという。その一方でインターネット関連の被害相談が増えている。アダルトサイトや出会い系サイトなどに誘導され、高額な会員料金を請求される被害が増加傾向にある。


 同事務所のまとめによると、全体の相談件数は08年度から11年度まで3年連続で減少していたが、12年度は6件増えた。

 相談件数は、融資サービスが最も多い69件で全体の23・47%を占めたが、フリーローン関連を中心に毎年減少傾向にある。同センター宮古分室では「相談件数はぐんと落ちている。弁護士や司法書士が、債務処理に積極的なことなどが要因に挙げられる」とした。

 インターネット関連の被害が含まれる「放送・コンテンツ等」は36件で2番目に相談が多かった。全体に占める割合は12・24%。アダルトサイトや出会い系サイトに関連する相談が相次いでおり、「無料」などの文言に誘導され、結果的に高い料金を請求されるという被害などがある。

 相談者の年齢層は子どもから大人まで幅広い。パソコンよりも携帯電話やスマートフォン上で問題になるケースが多いという。

 同センター宮古分室の専門相談員は「おいしい話には必ず裏がある。冷静に考えて対応してほしい」などと話し、安易な判断で有害サイトに入り込まないよう注意を促している。

 このほか、アパートの賃料をめぐるトラブルや生活保護、健康食品関係でも複数の相談があった。

 相談に訪れた人を年齢別にみると50代が最も多く全体の22・8%を占めた。40代が21・1%、30代が15%と続いた。性別にみると女性の相談者が男性を上回る結果となった。

 同センター宮古分室の池間つとむ分室長(県宮古事務所総務課長)は、インターネット関連の相談が増えていることに関し「だまし方が巧妙で対策が追い付かない部分もあるが、相談内容を把握しながら対策を強化していく」と強調。生活相談全般については「1人で悩まずに、できるだけ早く相談してほしい。傷が深くなる前に相談することが最も大切」と話した。

 県民生活センター宮古分室(72・0199)では消費生活全般の相談を受け付けている。相談時間は平日の午前9時から午後4時まで(昼食時間除く)。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!