08/10
2022
Wed
旧暦:7月13日 先勝 乙 
産業・経済
2013年5月29日(水)9:00

すまエコ実証事業本格化

東芝、現場事務所を開設/家庭モニターへの器機設置


現場事務所に看板を設置する(左から)半原氏、古堅部長、對馬氏=28日、平良港ターミナルビル

現場事務所に看板を設置する(左から)半原氏、古堅部長、對馬氏=28日、平良港ターミナルビル

 宮古島市全島エネルギーマネジメントシステム(EMS)実証事業(通称「すまエコ」)と来間島再生可能エネルギー100%自活実証事業を市から受注し、実証開始に向けた準備を進めている東芝はこのほど、事業に必要な器機の設置作業が本格化したことを受け、平良港ターミナルビル内に現場事務所を設置。28日には事務所入口に看板を掛けるセレモニーが行われた。

 EMS実証実験では、家庭モニター200世帯、事業所モニター25カ所の計225カ所に消費電力測定器や通信装置などが入った「スマートボックス」を設置し、電力の消費状況を数値で確認するとともに、各モニターのデータを集積し、分析を行う。

 モニターへの「スマートボックス」設置準備が整ったことから今回、東芝は宮古島に現場事務所を開設。今後は順次、設置作業を進めていくほか、100%自活実証事業の島内電力計測用器機や蓄電池関連器機の設置、通信状況の確認なども行う。

 看板掲示セレモニーには東芝社会システム建設第一担当でEMS実証事業の現場責任者を務める半原徳二氏と100%自活実証事業現場責任者の對馬政光氏、市企画政策部の古堅宗和部長が参加し、事務所入口に看板を設置した。

 古堅部長は「これまで進めてきた二つの事業が今年度から着実にスタートする。モニターと東芝、市が一緒になり、国と相談もしながら良い事業を展開していきたい」と語った。半原氏は「スマートボックスの取り付けを9月までに終わらせ、データ確認に着手したい」との考えを示した。

 両事業の実施期間は2014年度末まで。市エコアイランド推進課ではEMS実証事業は今年10月からのデータ集積開始、14年度1月ごろからのデータ分析の開始を見込んでいる。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!