08/10
2022
Wed
旧暦:7月13日 先勝 乙 
社会・全般
2013年6月8日(土)9:00

信号機のLED化進む/県警交通部交通規制課

視認性が向上、消費電力も低減


LED式の信号機への取り替えが進んでいる=6日、袖山入口交差点

LED式の信号機への取り替えが進んでいる=6日、袖山入口交差点

 県警交通部交通規制課は宮古島署管内に設置されている信号機92基(押しボタンも含む)を消費電力が従来よりもかなり低減され、直射日光が当たっても見やすい、発光ダイオード(LED)式の信号機に順次更新している。同規制課によると、宮古島署管内の信号機のLED化は2005年から始まっている。


 横断歩道が4本ある標準的な交差点の信号機は車両用が4灯、歩行者用が8灯で1基を構成している。このような交差点の信号機1基の電気料金は従来の電球式では月額約6000円になるのに対し、LED式だと約2000円と大幅に低減できる。

 また、電球式では毎年電球の交換をする必要があるが、LEDは寿命が長いため維持管理費の低減にもつながる。

 信号機のLED化には▽電気料金が低減できる▽従来の電球に比べて明るく視認性が良い▽電気の消費量が少ないため環境に優しい▽従来の電球式よりも寿命が長く、維持費が低減できる-などの効果がある。

 宮古島署管内の信号機の電気料金は12年度は約645万9000円。宮古島署が電力会社に支払っているが、県の負担。

 県内に設置されている信号機は2062基で年間の電気料金は12年度で約1億3360万円だった。県内の信号機は約50%がすでにLED化されており、2020年ごろまでには全灯がLED化される予定。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!