08/12
2022
Fri
旧暦:7月15日 先負 丁 
産業・経済
2013年6月29日(土)9:00

年内操業論議の深化を/キビ糖業振興会総会

下地市長 株出増加受け見解


12年度の事業報告などを承認した総会=28日、JA宮古地区機械化営農センター

12年度の事業報告などを承認した総会=28日、JA宮古地区機械化営農センター

 宮古地区農業振興会(会長・下地敏彦市長)と宮古地区さとうきび糖業振興会(同)の2013年度総会が28日、JA宮古地区機械化営農センターで開催された。12年度では、株出管理機25台を新たに導入(うち2台多良間)したことを報告。13年度は、同管理機の有効利用に力を注ぐ方針を示した。


 冒頭あいさつした下地会長は市議会で、サトウキビの年内操業への移行は畑の有効利用や農家の所得向上のために必要だとの意見があったと報告した。その上で、移行への条件は株出や春植面積が増えていることから整いつつあると見解。今後に向けては「振興会でも、農家所得向上の観点から論議を深める必要がある」と考えを示した。

 事業報告によると、管内(宮古と多良間)の12年産サトウキビの生産量は前年と比べ1・63倍の27万1000㌧。農家手取額は63億3000万円(同比1・76倍)となった。大幅増産の理由には、補助事業を活用して生産拡大を図ったことや、天候に恵まれたことなどを挙げた。

 交付金(トン当たり1万6000円)の受領については、キビ山搬出や収穫の機械委託など必要条件の充足を支援した結果、4441人が受け取ることができたと報告した。

 13年度の事業計画には①株出面積増大に対応した増産体制構築②春植・株出栽培の面積拡大に伴い、栽培管理指導や株出管理オペレーターの育成や組織化を推進-などを盛り込んだ。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!