08/14
2022
Sun
旧暦:7月17日 大安 己 
産業・経済
2013年7月10日(水)9:00

肉用牛飼養1万5249頭/12年12月末

前年に比べ620頭減/高齢農家の離農など要因

 県宮古農林水産振興センター(前田幹男所長)は9日、宮古地区の2012年12月末現在の家畜・家禽飼養頭羽数を発表した。肉用牛の飼養頭数は、前年同期と比べ620頭(3・9%)減の1万5249頭。飼養戸数も1159戸と、同比28戸(2・3%)減少した。一方、子牛価格の高騰や子を産める経産牛が同比364頭(4・1%)増えたことは、増頭へ明るい材料になると見方を示した。


 戸数の減少は、高齢農家の離農が主な要因と分析。頭数減の理由には①離農や高齢農家の規模縮小②高齢母牛の淘汰-などを挙げた。

 宮古家畜保健衛生所の高吉克典所長は、宮古の肉用牛競り(400頭以上上場規模)を維持していく上では、規模拡大が必要になると指摘。増頭への具体策では、優良遺伝雌子牛保留事業(1頭に12万円以内交付)や市の保留奨励事業(1頭5万円以内補助)-の活用を呼び掛けた。

 12年の生産率が75%と09年の85%と比べて、10ポイント低下したことも飼養頭数減に影響していると指摘。改善策には①受胎率の向上②分娩間隔の短縮③子牛の肺炎や下痢予防による死亡減少-などの改善策を示した。

 宮古の飼養頭数は県全体の20・7%、戸数は40・4%を占めた。一方、1戸平均の飼養規模は、13・2頭と県平均25・6頭の約半分しかなく、零細さが際立つ。

 市村別の飼養頭数は宮古島市が1万1611頭、多良間村が3638頭だった。宮古島市が648頭減ったのに対し、多良間村は、28頭増えた。戸数は宮古島市で30戸減り、多良間村は2戸増えた。

 宮古の豚の飼養戸数は12戸で、前年と変わらない。頭数は、801頭と同比11頭減った。1971年以降現在までに、飼養戸数が最も多かった年は73年の1474戸。飼養頭数が79年の1万5073頭。同年以降、地元産は島外産肉との競合や、流通の形態変化(枝肉から部分肉流通)に伴い、減少が続いている。

 ヤギの飼養戸数は169戸で、前年比14戸減少。頭数は、1248頭と同比126頭(9・1%)減った。宮古島市が533頭、ブランド化に取り組んでいる多良間村は715頭と地区全体の57%を占めた。

 生産率 経産牛頭数に占める生産頭数の割合


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

2022年8月14日(日)8:58
8:58

14日からの公務開始発表/第48代ミス宮古島

夏まつり延期で観光協会   宮古島観光協会の吉井良介会長らは12日、会見を開き、14日を開催日としていた宮古島夏まつりが延期されたことにより、まつり内で実施予定だった第48代ミス宮古島発表会が同日に行えなくなったものの、14日から第47代から第48代…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!