08/12
2022
Fri
旧暦:7月15日 先負 丁 
産業・経済
2013年7月14日(日)9:00

台風の影響で滞貨/マンゴー

農家ら早期解消を要望


 台風7号の影響で13日、マンゴーが1日分の収穫ほど滞貨した。農家やJA、運送会社は早期の解消を要望している。


 台風が襲来した12日、マンゴー農家は収穫を休んだ。ある農家は13日の収穫量は1㌧と、前日の分も含め倍増した。「何よりたまることが心配。臨時便の船や飛行機が出てもらわないと困る」と渋い表情だった。

 マンゴーは、収穫から5日後ぐらいが食べごろと言われている。輸送が遅れると食感や食味が落ち、消費者の評価を落とす可能性があるという。

 JAには13日、5㌧入荷した。平均入荷量の約2倍だ。同日は集荷場が満杯となったため、クーラーの効く会議室を臨時に使い間に合わせた。

 JAは、島外の市場と島内の「あたらす市場」に出荷している。マンゴーを搬入した男性は「適切な時期の市場への到着が市場の信頼に結び付く。滞貨は損失を発生させかねない」と話した。

 県は、現時点での1日当たり収穫量は21㌧程度と見込む。航空機の1日当たり輸送可能量を約20㌧とみた場合、13日の滞貨は1日分程度が試算される。

 南西海運の臨時便は、きょう14日午前5時30分、平良港に入港する。同社の貨物を取り扱う平良港運は30㌧程度はさばけると話している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!