05/25
2022
Wed
旧暦:4月25日 仏滅 戊 
産業・経済
2013年9月13日(金)9:00

住宅地エリアお目見え/竹原区画整理事業

周囲を新設道路で囲む/サンエー裏側


竹原地区6-13号線と同10号線の間に造成された住宅地エリア

竹原地区6-13号線と同10号線の間に造成された住宅地エリア

 竹原地区土地区画整理事業でサンエーショッピングタウン宮古食品館裏側に、周囲を道路で囲んだ住宅地エリアが初めて造成された。見取り図の6-10号線(工事中)と6-13号線を新設。6-11号線の3路線で囲んだ。竹原地区では、同様な四角形のエリアを順次整備し、2017年度の事業完了を目指す。

 同所一帯は、サンエーと竹原1号線の間に閉じ込められていた。6-13と6-10号線の新設で、袋小路状態が解消され、周辺空き地は宅地に向く土地に一変した。

 同事業は住環境の良好な市街地形勢を目的に行う。道路幅は6㍍確保し、消防車が通れるようにする。

 工事中の6-10号線の直線距離(6-11号線からサンエー駐車場)は約100㍍。道路の両側には雨水路や上下水道を整備する。

 エリアの幅は狭い所で約20㍍、広い所は35㍍ぐらいある。住宅は6-10号線と同13号線に面して建設できる。

 竹原区画整理事業では現在までに、旧宮古病院裏側に荷川取線が開通した。幅員は17㍍(車道9㍍、歩道4㍍の両側)と幅広い。延長は342㍍。将来は、平良港側の「人頭税石」の所まで通すという。

 平良中学校北側の竹原2号線の整備も完了した。延長360㍍。幅員が8㍍(車道6㍍、歩道2㍍)。歩道が整備され、安全な通学路に変わった。

 竹原地区区画整理事業は、05年度に事業化が決まった。総事業費は66億円。区域は東が宮古高校東線、西が保健所東側の大道線、北が荷川取線、南を竹原2号線(平良中学校北側)で囲む23・6㌶。同事業では公園4カ所も整備する。


カテゴリー一覧

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!