07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
社会・全般
2013年10月11日(金)9:00

速読甲子園で全国制覇/セレブラム宮古島受講生

団体戦優勝を報告した新山社長(右)と(左から)長濱君、大川君と伊良皆君=10日、セレブラム宮古島

団体戦優勝を報告した新山社長(右)と(左から)長濱君、大川君と伊良皆君=10日、セレブラム宮古島

 能力開発型予備校のセレブラム宮古島校(新山広明社長)は10日、会見を開き同校の受講生が第9回全国速読・速解力コンテスト「速読甲子園2013」(主催・日本速脳速読協会)の団体戦で全国優勝を果たしたと報告した。

 参加した受講生は44人で、学年別に行われる個人戦で、長濱大祐君(平良中3年)が全国1149人中12位、我如古有梨さん(宮高3年)が317人中18位の好成績を収めた。

 新山社長は「今回の好成績は、受講生が本気で集中して取り組んだことが奏功した」と勝因を話した。

 団体戦で活躍した受講生の一人、伊良皆智之君(宮高3年)は「始めてまだ2カ月だが、試験問題を読むのが速くなり、問題を解く時間に余裕ができた」と話した。大川康平君(北中1年)は「問題を読む時間が速くなり、理解度も落ちていない。楽しく受講している」と感想を述べた。

 個人戦で活躍した長濱君は「先生に勧められて始めた。良い結果で良かった。新聞を読むのも速くなり、必要な記事をすぐに見付けられるようになった」と成果を話した。

 速読甲子園は全国の速読受講生が、インターネットの画面上に示された問題を速く、正確に読み解く技術を競う大会。7月から9月まで全国963教室から9990人が参加して個人戦と団体戦で競われた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!