07/04
2022
Mon
旧暦:6月6日 大安 戊 
産業・経済 社会・全般
2010年9月19日(日)9:00

マンゴー船舶・航空複合輸送/品質に顕著な差無い

マンゴーの複合輸送試験結果が報告された会議=16日、県宮古合同庁舎

マンゴーの複合輸送試験結果が報告された会議=16日、県宮古合同庁舎

県、積み残し解消で試験
 県流通政策課は16日、航空輸送されている宮古産マンゴーの積み残し解消を目的に実施した「船舶・航空複合輸送試験」の結果を報告した。試験は冷蔵のマンゴーを平良港から那覇に船で送り、那覇から宮古に飛行機で送り返す方法で行い、その結果、飛行機のみの輸送と品質(熟度や果色など)に顕著な差が無いことが分かった。今後は船便活用に向け、地元の体制づくりが課題になるとしている。
    
 宮古産マンゴーの生産量は年々増え2012年度には、09年度実績(350㌧)の約2倍の680㌧に達すると予測している。増加傾向の中、昨年7月上旬の出荷ピーク時には日量1~1・5㌧の積み残しが発生。今後に向け、積み残し解消が課題になっていた。
 
 試験は、6月23~同28日に実施した。船の積み荷は果実が全体的に赤くなる「全果鮮紅色収穫果実(一般的な収穫時期の果実)」と、果皮に緑の部分の残る「部分鮮紅色収穫果実(一般的な収穫より2~3日早い果実)」―の2種類に分けた。
  
 平良港から那覇向け船便は火、木、土の週3便。船と飛行機の複合輸送は、飛行機のみの輸送より、本土の消費地到着までに1~3日遅れると想定した。
 
 試験では、飛行機より「1日遅れ」「2日遅れ」「3日遅れ」の3パターンについて、品質などを調査した。5・0を完熟とした場合の部分鮮紅色収穫の熟度は「2日遅れ」ケースでは4・2と、飛行機輸送の3・9とさほど変わらない水準。果皮色や、果汁の品質にも大きな差異は無かった。ただ、複合輸送では、炭素病の発生が確認された。
 
 報告書は①船舶・航空複合輸送は、従来の航空輸送と同等の熟度で消費地に到達可能②「全果鮮紅色収穫果実」と「部分鮮紅色収穫果実」の追熟後の品質に顕著な差異は無い―などとまとめた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!