07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
環境・エコ
2013年10月30日(水)9:05

5年ぶり3万羽超え/宮古野鳥の会13年サシバ調査

1日で2万羽飛来も

 宮古野鳥の会(仲地邦博会長)と県自然保護課は29日、2013年のサシバ飛来数調査結果を発表した。調査は伊良部島と平良久松で8~21日まで実施し、期間中に3万1833羽を観察した。飛来数が3万羽を超えたのは08年以来5年ぶり。今回の飛来傾向では13日に伊良部で1日に2万1343羽を観測したことが特徴的だった。



 一方、宮古島では期間中に646羽が観察されたが、これは確認できるデータでは最少の飛来数になる。


 同会は1973年に飛来数調査を開始し、日別の飛来数記録が残る84年以降で、1日2万羽を超える飛来を観察したのは今年が初めて。


 同会の仲地会長はこの飛来数について「台風23、24号が宮古島地方に接近し、九州方面に北上したため、天候が回復し、沖縄本島や奄美大島に滞留し南下できなかったサシバと九州から南下してきたサシバが合流した結果ではないか」と話している。


 今回のまとまった飛来は台風後の天候の回復など諸条件に恵まれたためで、サシバの繁殖環境が良くなったため個体数が増加したとの情報は得られていないという。
 飛来数調査は県自然保護課や市、伊良部高校、伊良部中学校の生徒、宮古野鳥の会が8日から21日まで、両島で実施した。


 サシバは本州の東北以南で繁殖し、その年生まれた幼鳥とともにこの時期、沖縄本島、宮古島などを経由して、越冬地の台湾やフィリピン方面に南下する。宮古島で冬を過ごす個体も見られる。


 サシバは中型のタカの一種で、のどは白く、中央の黒褐色の縦線1本と胸から腹にかけて茶褐色の横斑があるのが特徴。成鳥の全長は雄が47㌢、雌51㌢。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!