06/24
2022
Fri
旧暦:5月26日 赤口 戊 
政治・行政
2010年9月22日(水)9:00

米掃海艦が初入港/「親善・友好が目的」

市民団体ら50人が抗議

米海軍佐世保基地に配備されている掃海艦「ディフェンダー」が初めて入港した=21日、平良港第1ふ頭

米海軍佐世保基地に配備されている掃海艦「ディフェンダー」が初めて入港した=21日、平良港第1ふ頭

 米海軍佐世保基地(長崎県)に配備されている掃海艦「ディフェンダー」(全長74㍍、1312㌧、乗員80人)が21日午後、平良港に入港した。同港に米軍艦艇が寄港するのは本土復帰後初めてで、沖縄の民間港への寄港は2007年以降3度目。米海軍司令部広報報道部は「日米親善や友好が目的」としている。港には、寄港に反対する市民団体や労組ら約50人が集まり「強行入港反対」と抗議した。寄港は24日まで。



 米軍艦艇の民間港への寄港は、日米地位協定で認められているが、県や市は外務省を通じ自粛を求めていた。
 平良港前では、寄港に反対する市民団体や労組らのメンバーが集まり「平良港の軍事利用は反対」などと書かれた横断幕を掲げ、抗議の声を上げた。


 仲井真弘多知事は、「民間港湾は、民間船舶の運航を目的として設置されたものであり、緊急時以外は米軍の使用は自粛すべき」としたコメントを発表。下地敏彦市長は「戦争の記憶を持っている人たちのことを考えると(入港は)残念だ」と述べた。


 同艦のアンドリア・スロウ艦長は「友好親善が目的である」ことを強調。「島の歴史と文化を学ぶことを楽しみにしている」と語った。
 集まったマスコミに同艦内部が披露され、担当者から掃海艦の任務や特徴などが説明された。同日夜には、平良のレストランで地元関係者を招いての「夕食会」が開かれた。


 同艦の寄港については、市が外務省沖縄事務所などに対し、自粛を求める文書を提出していたが、21日までに「なぜ、寄港を認めないのか」「なぜ自粛の要請をするのか」などといったメールやファクスが全国から百通余り届いたという。同日、下地市長が明らかにした。


 ディフェンダー 現在は佐世保に前方配備されているが、2009年5月まではテキサス州インゲルサイドを母港としていた。機雷除去を主な任務とし、04年にはハリケーン・カトリーナが通過した後のミシシッピー川の被害調査を含む支援や偵察任務なども行った。第7艦隊の担当区域における任務の支援のために沖縄や横須賀、屋久島、韓国の鎮海、釜山、済州島などに寄港している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!