07/01
2022
Fri
旧暦:6月3日 友引 乙 
スポーツ
2014年1月26日(日)9:00

宮古島市が総合3位/沖縄一周駅伝初日

善平隼が区間賞


宮古島市の與那嶺恭兵が那覇市をかわして宮国駿へ1位でたすきリレー=25日、うるま市川田入り口バス停前(第6中継所)

宮古島市の與那嶺恭兵が那覇市をかわして宮国駿へ1位でたすきリレー=25日、うるま市川田入り口バス停前(第6中継所)

 【那覇支社】県知事杯第37回沖縄一周市郡対抗駅伝競走大会第1日は25日午前7時、那覇市の奥武山陸上競技場をスタート地点に14チームが出発した。前回3位、今回25年ぶりの優勝を目指す宮古島市は総合タイム9時間23分2秒で3位につけた。1位は那覇市、2位国頭郡、2連覇を目指す八重山郡は4位。12区(9・9㌔)で宮古島市の善平隼が34分36秒で区間賞を獲得した。第2日は26日午前7時に国頭村役場前をスタート、奥武山陸上競技場ゴールの前、後半合わせて14区間130・1㌔で争われる。

 宮古島市は第1日の前半(奥武山陸上競技場~金武町役場までの97・4㌔)で一時トップに立ったが、那覇市にかわされ2位でゴールした。

 後半(金武町役場前~国頭村役場前64・8㌔)は順位を落とし4位でフィニッシュした。

 宮古島市の総合タイムは1位の那覇市とは約3分差、2位国頭とは約2分差。4位の八重山とは7秒差。池間啓貴コーチは「国頭と八重山をマークしていたが、那覇市が強かった。上位4チームは団子状態。2日目は逆転し優勝を狙いたい」と話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!