07/01
2022
Fri
旧暦:6月3日 友引 乙 
社会・全般
2014年1月30日(木)9:00

今年度の訓練終了/下地島空港

ANA、今後の計画検討中


今年度のパイロット養成訓練を終了した全日空の航空機=29日、下地島空港

今年度のパイロット養成訓練を終了した全日空の航空機=29日、下地島空港

 全日本空輸(ANA)は29日、県管理の下地島空港で今年度のパイロット養成の実機訓練を終了した。全日空は来年度も同空港で訓練する場合、県に3月までに訓練計画を提出することになっている。空港関係者らは「来年度の継続訓練は、まだ明らかになっていない」と不安そうな表情で語る。伊良部住民の中には「来年2月に伊良部大橋が開通する予定なので、大橋と下地島空港をセットにした活性化はこれから。全日空は来年度も訓練してほしい」と願う人もいた。

 同空港をめぐっては、既に日本航空(JAL)が経営悪化の事情から訓練を中止、撤退した。全日空は、来年度は訓練回数を大幅に減らし、継続訓練を検討中。

 琉球エアーコミューター(RAC)は来月に訓練を実施する計画。一方、日本トランスオーシャン航空(JTA)は今秋以降の訓練を視野に入れ検討中。

 全日空の29日までの今年度訓練状況では、パイロット養成は10機で200日余を実施した。

 同空港で航空機への給油業務などを行っている会社の従業員の一人は「4月から全日空の実機訓練が無くなると、厳しい経営の見通しから全従業員20人余が半減される予定。全日空の訓練継続を祈っている」と不安げな表情で話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!