07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
スポーツ
2014年2月5日(水)9:00

今年こそ優勝パレードを/オリックス

歓迎の夕べで誓う/選手の活躍祈念
監督が市民に応援要請


鏡開きを行う森脇監督(右から2人目)ら=4日夜、ホテルアトールエメラルド宮古島

鏡開きを行う森脇監督(右から2人目)ら=4日夜、ホテルアトールエメラルド宮古島

 オリックス・バファローズ歓迎の夕べ(主催・宮古島オリックス・バファローズ協力会)が4日夜、市内のホテルで開かれた。市民約50人が参加。今年で22回目を迎える宮古島春季キャンプの開催を喜ぶとともに、今シーズンの球団の活躍とリーグ制覇を祈念した。

 同催しには球団からは森脇浩司監督をはじめ、瀬戸山隆三球団本部長、横田昭作球団本部長補佐、中村潤管理部長、福良淳一ヘッドコーチ、岡本哲司二軍監督ら計11人が出席した。

 歓迎のあいさつとして、協力会長を務める長濱政治副市長が「このような席を設けたところ来てもらえうれしい。互いにコミュニケーションを図ることで、市民が一生懸命に応援できる絆を深めていきたい」との思いを示した上で、「今年こそぜひ、良い形でペナントを乗り切って、宮古島でパレードをしたい。絶対、優勝するぞ」と宣言した。

 森脇監督は「今、オリックスは関わるすべての人が、ものすごいスピードで変化しようと歩んでいる。必ず近い将来、実を結ぶと確信している。今年こそ宮古島の皆さんとともに戦って、ここにチャンピオンフラッグを持ち帰ることを強く思いながら、1年間を戦っていきたい」と決意を表明。市民に対してはさらなる応援を要請した。

 鏡開きでは、森脇監督や長濱副市長、瀬戸山本部長らが司会の合図に合わせ木槌を振り下ろして酒樽を開くと会場から拍手が送られた。

 参加者たちは全員で集合写真を撮影したほか、瀬戸山本部長の音頭による乾杯でチームの活躍を願った。



カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!