07/07
2022
Thu
旧暦:6月9日 友引 辛 小暑
社会・全般
2014年2月5日(水)9:00

図書を伊良部小に贈呈/創価学会

活動40周年記念し300冊


児童たちと記念撮影する池間副会長(左)=4日、伊良部小学校の体育館

児童たちと記念撮影する池間副会長(左)=4日、伊良部小学校の体育館

 図書贈呈活動40周年を記念して、創価学会図書贈呈推進委員会(委員長・萩本直樹副会長)は4日、伊良部小学校(砂川靖夫校長)に優良図書300冊を贈り、児童154人を喜ばせた。児童たちは、たくさんの読書を通して知識を身につけ、世界へ羽ばたくことを誓った。同校には40年前と30年前にも贈っており、今回で3度目。


 最初の贈呈は1974(昭和49)年2月5日。池田大作会長が当時の平良市を訪れ、同校の関係者らに手渡した。

 池間俊彦副会長は全児童を前に「40年間にわたって、辺地や離島など教育環境に比較的恵まれない地域、自然災害で被害を受けた地域の小・中学校、公立図書館などに優良図書の贈呈を続けてきた。本には無数の人の経験、知識、ドラマがある。たくさん本を読み、世界の平和に貢献できる立派な人に成長することを祈っている」と述べた。

 池間さんの父は佐良浜出身、母は池間島出身。久しぶりの里帰りで友人らと旧交を温めていた。

 児童会副会長で6年の武富媛花さんは「本からたくさんのことを学び、世界へ羽ばたく」と夢を語った。

 次いで砂川校長は「中国に井戸の水を飲む時は、井戸を掘った人に感謝して飲むようにということわざがある。皆さんは本を贈った人への感謝を忘れないでほしい」と述べた。

 市教育委員会の田場秀樹教育部長が感謝の意を述べた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!