07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
教育・文化
2014年2月6日(木)9:00

佐和田君、防衛大に合格

倍率12・1倍難関を突破/「将来は幹部自衛官」


防衛大学校に合格した佐和田尚誉君(中央)。その他(左から)自衛隊沖縄地方協力本部宮古島出張所の砂川盛子所長、父・隆司さん、下地市長、母・マリアさん=5日、市役所平良庁舎

防衛大学校に合格した佐和田尚誉君(中央)。その他(左から)自衛隊沖縄地方協力本部宮古島出張所の砂川盛子所長、父・隆司さん、下地市長、母・マリアさん=5日、市役所平良庁舎

 宮古島市平良出身の佐和田尚誉君がこのほど、防衛大学校の前期一般採用試験に合格した。この試験には1万4435人が受験して1194人が合格。佐和田君は倍率12・1倍の難関を突破した。防衛省自衛隊沖縄地方協力本部宮古島出張所管内で合格者が出たのは初めて。5日、市役所に下地敏彦市長を訪問した佐和田君は「将来は幹部自衛官になる」と抱負を話した。

 佐和田君は久松中から沖縄尚学に進学し、2013年3月に卒業した。同年度の受験は失敗したが、その後は浪人して宮古島市の東進衛星予備校で1日10時間以上の猛勉強に励んだ。

 この結果、14年度の採用試験では筆記の第1次、口述と身体検査の第2次試験を突破。佐和田君が選んだ理工学の県内合格者はわずか7人だった。

 佐和田君が自衛官を志したきっかけは、自らも出演した東日本大震災の被災者支援チャリティー公演。この活動を通して見聞きした自衛官の活躍ぶりに心を打たれて決心した。

 待ちに待った合格はインターネットで知ったが、合格通知書が届くまでは信じられなかったという。

 念願の合格を下地市長に報告した佐和田君は「災害派遣をはじめ、防衛出動に必要な学力と体力を身に付けたい」と決意を話した。

 下地市長は「難関の突破おめでとう。これからは幅広いバランスの取れた知識が必要になる。そのためにはいろいろな本を読んで見識を深めてほしい」と祝福と激励を送った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!