07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
スポーツ
2014年2月7日(金)9:00

平野投手が初ブルペン/オリックキャンプ

第2クール始まる


ブルペンで投げ込みを行う投手陣=6日、市民球場

ブルペンで投げ込みを行う投手陣=6日、市民球場

 オリックス・バファローズの宮古島春季キャンプは6日、第2クールがスタート。市民球場と多目的前福運動場ではA組(1軍)が、実戦練習が始まる第3、4クールに向け、個々の技術を高めるトレーニングや守備の連携練習などに取り組んだ。投手陣は多くがブルペン入りして投げ込みを実施。平野佳寿投手はブルペンで初の本格投球練習を、佐藤達也投手は130球の投げ込みを行った。


 投手陣は、ノックによる守備練習や投手・内野手連携、けん制球などの練習に続き、交代でブルペンに入った。

 昨シーズン、中継ぎとして60試合に登板した平野は今キャンプではこれまで体作りを中心とした調整を行っていて、ブルペンで本格的な投球練習をするのは今回が初となった。球の感覚を確かめるように約35球を投げた。平野は「焦らず、じっくり体を作って先を見すえたいとの思いがあったので、じっくりと調整してきた。今回投げて、しっかりと投げることのできた球もあったので、今までの調整は十分できていたと思う」と語った。

 昨年、最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得した佐藤は、第1クールからブルペンに入り1日平均50~60球を投げてきたが、第2クール初日ではその倍以上を投げ込んだ。佐藤は「試合で崩れないフォームを体で覚えるために投げ込みを行っている。第3クールくらいから実戦が始まるので、今しかできないこと。仕上がりは順調」との考えを示した。

 野手陣は、サインプレーやシートノック、打撃、走塁練習などを行った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!