07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
政治・行政 社会・全般
2014年2月8日(土)9:00

「外国人に宮古の魅力を」・明戸正毅さん(68)

宮古初の特例通訳案内士


宮古初の県特例通訳案内士の資格を取得した明戸正毅さん=7日、宮古島観光協会

宮古初の県特例通訳案内士の資格を取得した明戸正毅さん=7日、宮古島観光協会


 年々増加する県内への外国人観光客のニーズに対応するため、外国人観光客を案内できる人材育成などを目的に県が今年度から実施している県特例通訳案内士制度の試験に合格し、宮古初の特例通訳案内士(英語)となった城辺友利在住の明戸正毅さん(68)が7日、宮古島観光協会を訪れ喜びの報告を行うとともに同協会との連携を密にした宮古観光の振興発展にも意欲を示した。


 宮古初の特例通訳案内士となったことについては「外資系の会社経験が長かったので英語で役立つことはないか探していたところ、この制度を知った。この資格を生かし宮古島への外国人観光客の誘致、案内、リピーターを増やす手助けをしたい」と述べた。

 また、もっと多くの人がこの資格に興味を持ってほしいと話す明戸さんは「宮古の観光を発展させるためにもより多くの通訳案内士の仲間を増やしたい。英語だけでなく、中国語、韓国語の通訳案内士が求められている。そのための人材育成の手伝いもしていきたい。案内士の募集は6月ごろから始まるので呼び掛けていきたい」と話した。

 同通訳案内士制度は、一定の語学力を有する者に対し、沖縄の地理、歴史、文化など必要とされる基礎知識に加え、接遇および旅程管理等に関する研修を行い、円滑に外国人観光客を案内できる人材を育成することを目的に今年度から県が実施している。

 この事業を実施することにより、沖縄を訪れる外国人観光客のニーズの多様化・高度化や量的拡大に対応できる人材が育成され、受入体制強化が図られるとともに外国人観光客の満足度の向上とリピーターを見込んでいる。
 この資格を得ると、報酬を得て、通訳案内(外国人に付き添い、外国語を用いて、旅行に関する案内をすること)を行うことができる。

 明戸さんは、東京都出身で宮古島に魅了されて7年前にインギャーマリンガーデンに家を建てて住み、島の魅力を満喫しながら集落の人たちとも交流を深めている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!