07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
教育・文化
2014年2月9日(日)9:00

平良榛希君(宮高2年)がダブル受賞/青少年科学作品

県教育長賞・環境奨励賞


第36回沖縄青少年科学作品展の表彰式で受賞した宮古高校の平良榛希君と川端俊一教諭=8日、浦添市民体育館

第36回沖縄青少年科学作品展の表彰式で受賞した宮古高校の平良榛希君と川端俊一教諭=8日、浦添市民体育館

 【那覇支社】第36回沖縄青少年科学作品(主催・沖縄電力、共催・県、県教育委員会など)表彰式が8日、浦添市民体育館で行われ、宮古高校生物部の平良榛希君(2年)が2作品で県教育長賞と環境奨励賞に輝いたほか、宮古高校に学校奨励賞が贈られた。

 平良君の県教育長賞の研究テーマは「オオジョロウグモの巣はなぜ傾いているか」、環境奨励賞が「ミヤコマドボタルの幼虫はなぜ畑や市街地公園では見られないのか」。

 同クモの巣が傾く要因に「ごみ捨て行動がやりやすくなる」などの3仮説を立てて検証。巣を様々な角度にセットして行動を観察した結果、「自分の体勢が下向きになるように巣を張る本能行動がプログラム(記憶化)されて、ごみ捨て行動に関与している可能性が示唆された」と考察した。 また、準絶滅危機種で固有種の同ホタルの研究では、農薬や街灯の光の影響など3仮説を検証した上で、「幼虫は農薬を避ける傾向があり、街灯の光が成虫の交尾行動を妨げている可能性がある」と指摘した。

 表彰式の後、平良君は「二つの賞がもらえるとは思わなかったので、びっくりした。とてもうれしい。二つの研究を交互に取り組むので大変だった。部での活動や経験を忘れずに、将来は自然保護方面の研究者になりたい」と、喜びを語った。学校奨励賞を受賞した同部顧問の川端俊一教諭は「生徒たちの主体的な部活動や頑張りの結果なので、うれしく思う。興味を持って考え抜く力を持つようにアドバイスした。宮古島にはまだまだ面白い昆虫などがいるので、島にこだわった調査、研究をしていきたい」と話した。

 同作品展は、児童生徒の科学への興味・関心の喚起と、地域産業の担い手となる人材育成に寄与することを目的に1979年から開催されている。今回は「未来を灯す、君の創造力」をテーマに、県内の小中高校、アメリカンスクールから137点の応募があった。

 表彰式で、主催者の同展実行委員長の玉城直沖縄電力常務が「作品展を通して、科学を身近で楽しく心躍るものであると体感し、県の科学教育の発展の一助になれば幸い」とあいさつした。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!