07/07
2022
Thu
旧暦:6月9日 友引 辛 小暑
産業・経済
2014年2月14日(金)9:00

14、15日操業休止/沖縄製糖

雨続きハーベスター稼働せず

 沖縄製糖宮古工場は雨天続きでハーベスターが稼働せず原料(サトウキビ)が不足しているため14、15の両日、操業を休止する。その間に原料をためて16日に再開する予定。ただ同日に雨が降った場合は、再開を延期することもある。

 宮古のキビ作農家は年々高齢化が進み、収穫をハーベスターに頼る農家が半分以上になった。

 沖糖が8日に操業を開始してから、13日までに搬入された原料は6万3080㌧。このうちハーベスターで収穫した原料は50・3%を占めた。先月28日が最大で、68%だった。

 好調に搬入されていたハーベスター原料は雨天に伴い、10日には35㌧(構成比2%)に激減。11日190㌧、12日も550㌧と少なく13日には底を突いた。

 同工場の場合、圧搾量が日量1000㌧を下回ると、ボイラーの燃料に使用するバガスが不足し、採算が厳しくなるため、操業継続は困難になるという。

 同工場の悪天候に伴う操業休止は10~11年期に2日間、11~12年期に5日間あった。

 同工場管内では46台のハーベスターが稼働しているが、砂川玄悠専務は不足していると指摘。原料の安定確保には、あと20台程度のハーベスター導入が必要との考えを示した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!