07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
社会・全般
2014年2月20日(木)9:00

川満香多さん、再び夢舞台

坂東玉三郎さんと共演へ/組踊「聞得大君誕生」


坂東玉三郎さんとの再演が決まった川満さん(右)。左から穂花会教師の瀬名波令奈さん、同家元の亀浜律子さん、下地市長=19日、宮古島市役所平良庁舎

坂東玉三郎さんとの再演が決まった川満さん(右)。左から穂花会教師の瀬名波令奈さん、同家元の亀浜律子さん、下地市長=19日、宮古島市役所平良庁舎

 琉球舞踊「穂花会」教師で実演家の川満香多さんが人間国宝の坂東玉三郎さんと組踊「聞得大君誕生」で再び共演する。国立劇場おきなわでの上演は5月22日から25日までの4日間。川満さんは19日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ねて再演を報告。併せて来月23日にマティダ市民劇場で開かれる「琉宮の舞い」で披露する創作組踊「ももたろう」をアピールした。

 川満さんは昨年3月、坂東玉三郎さんと組踊「聞得大君誕生」で共演し、玉三郎さん演じる音智殿茂金の相手役を務めた。

 この公演は大盛況となり再演を求める声が相次いだという。これに応える形で沖縄と京都(6月開催)での上演が決まった。

 川満さんは19日、穂花会家元の亀浜律子さんらとともに下地市長を訪問。昨年3月の玉三郎さんとの公演について「稽古のときの姿勢が本当にすごい。どこまでも真っ直ぐな姿勢がとても勉強になった」と人間国宝の大きさを表現した。

 下地市長は「玉三郎さんの相手役など誰となしにできるものではない。本当に素晴らしい」と話し、川満さんが歩んできた芸の道とその努力をたたえた。

 市長表敬後の会見で川満さんは「(昨年3月の)初演がテレビでも放送されたことで宮古の多くの方から連絡をいただいた。ぼくが組踊に携わっていることだけでなく、組踊が多くの方に伝わった」と話し、組踊の広がりを喜んだ。

 県内公演のチケットは応募抽選。所定の応募用紙を劇場窓口か郵送で受け付ける。受け付け期間は3月1~14日。公演に関する問い合わせは同劇場チケットカウンター(電話098・871・3350)まで。



カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!