07/07
2022
Thu
旧暦:6月9日 友引 辛 小暑
産業・経済
2014年2月22日(土)9:00

口蹄疫想定し実働演習/県農水部

関係者100人参加 死亡家畜の埋却方法など確認


重機でダミー死亡牛をつり上げて掘削地に埋却する実働演習=21日、市内長間地区

重機でダミー死亡牛をつり上げて掘削地に埋却する実働演習=21日、市内長間地区

 「死亡家畜の埋却等に係る初動防疫演習」をテーマにした2013年度第4回県特定家畜伝染病防疫実働演習(主催・県農林水産部、実施主体・宮古農林水産振興センター家畜保健衛生所)が21日、宮古合同庁舎と市内長間地区の共同埋却候補地(市有地)で行われた。宮古で口蹄疫よる死亡家畜を想定した埋却実働演習が実施されたのは今回が初めて。県・市、JAおきなわ、獣医師会、家畜改良協会、建設業協会などの関係者ら約100人が参加し、死亡牛の埋却方法などの作業を確認した。

 実効性ある防疫体制の確立を図るのが目的。市内で口蹄疫が発生し、死亡家畜を指定の埋却場所に埋めるまでの演習作業を実施。防疫ステーションの消毒ポイントで車両消毒、埋却場所で重機を使い掘削地への石灰散布・ブルーシートの被覆、ダミー死亡牛の投入・死亡牛への石灰散布などの作業を連携して実演した。

 実働演習に先立って同庁舎で防疫活動講習が行われた。参加者らは▽口蹄疫の発生動向と防疫実働演習の意義▽口蹄疫の特性-を学んだほか、初動防疫対応と実働演習概要について説明を受けた。

 宮古島では共同埋却候補地は、長間地区と野田地区の2カ所となっている。 

 埋却実働演習後、畜産農家の荷川取広明さんは「実際に口蹄疫が発生し、牛が死亡した場合、スムーズに埋却されるかどうか疑問を持つ。口蹄疫が発生しないことを祈るしかない」と語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!