07/07
2022
Thu
旧暦:6月9日 友引 辛 小暑
スポーツ
2014年2月23日(日)9:00

東が大会3連覇/小学駅伝

久松2位、3位は平一/23チームがたすきリレー


沿道の声援を受けながら力走する女子児童。力の限りを尽くした=22日、市陸上競技場周辺

沿道の声援を受けながら力走する女子児童。力の限りを尽くした=22日、市陸上競技場周辺

 第32回全宮古小学校駅伝競走大会(主催・宮古地区小学校体育連盟)は22日、市陸上競技場を発着点とする男女混合10区間14㌔で争われ、東Aが優勝して大会3連覇を飾った。安定感を発揮し、3区以降を独走した。記録は53分3秒。2位は久松A、前回の記録を4分51秒短縮して躍進賞に輝いた。3位には平良第一Aが入った。個人の部の1位は男子が西辺の上原龍之介君、女子は城辺Aの友利優伽さんと平良第一Aの尚香奈依さんが獲得した。

 大会には18校23チームが出場した。福嶺と宮島が合同チームで挑んだ。走る距離は男子が1・6㌔、女子が1・2㌔。男女が交互にたすきをつないだ。

 競技場を出発する選手は西側の門を出て南下し、数百㍍先の五差路を宮古工業高校方面に向けて進むコースで健脚を競った。

 沿道を埋め尽くした父母や祖父母、学校教諭らは声を張り上げて応援。最大の難所となるコース終盤の上り坂付近では特に多くの人が並んで声援を送った。

 優勝した東Aは1区で10位と出遅れたものの2区で2位に浮上、3区でトップに立つとここから抜群の安定感を発揮。一度もトップを譲ることなく3連覇のゴールに飛び込んだ。

 2位の久松Aは24秒遅れでゴール。最後まで粘りを見せたが、あと一歩及ばなかった。それでも順位は前回の19位から大きくジャンプアップ、記録も約5分短縮する成長ぶりだった。

 平良第一Aは南Aとのゴール前の接戦を制して3位に入賞、南が1秒差の4位に入った。5位城辺A、6位多良間の順だった。

 個人の部で男子の1位となった西辺の上原君の記録は5分23秒。2位は福嶺・宮島の池間幹君で5分24秒、3位は東Aの宮里勇飛君で5分25秒。小差の争いを上原君が制した。

 一方、女子1位の友利さんと尚さんの記録は4分17秒。3位は多良間の垣花藍架さんで4分26秒、4位は平良第一Aの仲村渠祥乃さんが4分29秒で続いた。

 個人成績は次の通り。

 【男子(1・6㌔)】①上原龍之介(西辺)5分23秒②池間幹(福嶺・宮島)5分24秒③宮里勇飛(東A)5分25秒④善福太稀(城辺A)5分34秒④長田啓人(東A)5分34秒⑥砂川由乃輔(西辺)5分37秒⑦平良琉(南A)5分38秒

 【女子(1・2㌔)】①友利優伽(城辺A)4分17秒①尚香奈依(平良第一A)4分秒③垣花藍架(多良間)4分26秒④仲村渠祥乃(平良第一A)4分29秒⑤棚原希(久松A)4分31秒⑥吉浜にいの(伊良部)4分32秒⑥友利芹菜(東A)4分32秒


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!