07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
教育・文化
2014年2月25日(火)9:00

学級生活に満足5割/東小

道徳教育研究発表で報告


道徳教育研究の成果などが報告された発表会=24日、東小学校

道徳教育研究の成果などが報告された発表会=24日、東小学校

 文部科学省の道徳教育実践研究校に2年間指定されている東小学校(下地政昭校長)は24日、2013年度(1年目)の発表会を開いた。研究主題には①心豊かにより良い生き方を求める児童の育成②道徳の時間を要に命を大切にする心を育む-などを設定し学校を挙げて研究に取り組んできた。

 資料調査部が行った子供の本音を把握するQ-Uテスト(高学年)では、学級生活に満足している児童が全国より9ポイント多い47%いたことを報告。一方、いじめや他児童とのトラブルの可能性のある児童が全国の18%よりやや多い23%を占めたことも指摘した。

 高学年には「温かい人の交流が生まれ、望ましい集団が確立されつつある」と評価。しかし「70%の子供たちが学級生活満足群にいる状態が望ましいといわれている」述べ、一層仲のいい集団に導いていく必要性を示した。

 「命を大切にする」という主題設定の理由には「テレビゲームなどの機械とだけ向き合う子供が増え自然や動植物、人間とのかかわりが希薄化し、命の尊さについて考える機会を失っている」-ことを挙げた。

 あいさつで下地校長は「新たな学校教育目標に『頭をきたえ 心をみがき 体をつくる』を設定した。道徳教育研究の機会を、目標達成に向かう大きなチャンスだととらえている」と述べた。

 報告は研究主任の与那覇彰子教諭が行った。今後の課題には「人材バンク」の活用や命を多面的にとらえた授業づくりの工夫などを挙げた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!