07/07
2022
Thu
旧暦:6月9日 友引 辛 小暑
産業・経済
2014年2月26日(水)9:00

タイの製糖企業が視察

小型ハーベスター利用など


沖糖の工場をバックに記念撮影した一行=25日

沖糖の工場をバックに記念撮影した一行=25日

 沖縄のハーベスター利用状況視察のためタイ国から24日来島したチラデット・ウサワット氏=巨大製糖企業「ミットポール」最高経営責任者=らは2日目(25日)は、沖縄製糖宮古工場を視察した。砂川玄悠専務の工場案内を受けたチラデット氏は「きれいに管理されている」と感想。ハーベスターについては「小回りが利く小型の稼働状況が参考になった。タイへの導入を検討したい」と積極姿勢を見せた。

 チラデット氏には琉球大学の上野正実教授やカセサート大学のクラナロン・スリロス教授ら10人近い関係者も同行した。

 ミットポール管内の年間キビ生産量は、宮古地区(約30万㌧)の70倍の2100万㌧。キビ畑は32万㌶に及ぶという。

 キビは同国の主要作物で、砂糖の輸出量はブラジルに次いで世界第2位。タイ経済を支えるキビの収穫は人手に頼ってきたが、近年労働力が不足し、宮古と同様タイでもハーベスターが利用されるようになった。機種は大型でオーストラリア製。ただ大型は同国に多い狭い畑に向かないため、同様な畑で小型が活躍する宮古視察となった。

 沖糖の視察でチラデット氏はハーベスターで収穫した原料のトラッシュ除去装置や、バガスやフィルターケーキなどを材料にした堆肥づくりなどに関心を示していた。一行は沖糖に次いで小型ハーベスターや株出管理機の稼働状況、地下ダム資料館などを視察した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!