07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
政治・行政
2014年4月2日(水)9:00

市の大型工事推進へ

新設「振興開発局」が始動


振興開発プロジェクト局の看板を設置する下地敏彦市長(右)、友利克局長=1日、市役所平良庁舎4階

振興開発プロジェクト局の看板を設置する下地敏彦市長(右)、友利克局長=1日、市役所平良庁舎4階

 宮古島市企画政策部内に新しく設置された振興開発プロジェクト局が1日、始動した。同局は友利克局長ら5人体制で、図書館と中央公民館を併設した未来創造センター(仮称)やスポーツ観光交流拠点施設の整備を行うほか、下地島空港と周辺残地の活用についても県と調整を進める。

 同日、下地敏彦市長と友利局長が市役所平良庁舎4階の同室入り口に看板を設置した。

 下地市長は「注目の新たな局の設置。市民の関心も高い。利便性の良い、市民に親しみやすい施設を造り上げるという重大な使命を持っている。職務に精励してほしい」と訓示した。

 友利局長は「いよいよ始まるという心境。注目され期待も大きい分、責任も大きい。体制固めを早めにして本格的に動き出したい」と決意を示した。

 今年度の主な業務は、未来創造センター建設予定地となっている旧宮古病院跡地の用地購入や実施設計をまとめる。

 スポーツ観光交流拠点施設は宮古空港東側の建設地の用地購入、進入路と造成工事をそれぞれ実施する。

 下地島空港について友利局長は「県が空港と周辺残地を合わせた活用について調査を実施すると聞いているので、宮古島市も積極的に関わっていきたい。活用について市独自の提案ができれば」と話した。

 振興開発プロジェクト局の職員は次の通り。

 局長=友利克▽次長=上地誠賢▽次長補佐=平良邦明、下地陸子▽技師=宮原一光


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!