02/09
2023
Thu
旧暦:1月19日 先勝 戊 
教育・文化
2014年4月10日(木)9:00

学校補助教材を贈呈/JAグループ沖縄

小学校の授業で活用/「農業とくらし」


高良倉吉副知事(中央)に学校補助教材本を贈呈したJA沖縄中央会の新崎弘光会長(左から3人目)ら=県庁

高良倉吉副知事(中央)に学校補助教材本を贈呈したJA沖縄中央会の新崎弘光会長(左から3人目)ら=県庁

 【那覇支社】JA沖縄・中央会と農林中央金庫那覇支店で構成するJAグループ沖縄はこのほど、県庁に高良倉吉副知事を訪ね、学校補助教材の全国版「農業とわたしたちのくらし」と、今年度新たに作成した県版副読本「おきなわの農業」のそれぞれ2万5000冊を贈った。各教材は県内すべての小学校に配布され、新5年生の授業で活用される。

 贈呈式で新崎弘光中央会長は「教材本を通して、多くの子供たちが県内農業に興味を持ち、将来の沖縄農業の支えとなるように期待したい」と述べた。

 高良副知事は「農業の営みを通して提供される食と農の関係を、子供たちが理解する上で重要な教材だ。学校でしっかり活用して、農業と食の大事さを認識させたい」と話した。

 全国JAグループは、子供たちに食や農業への関心と理解を深めてもらおうと、2008年から「JAバンク食農教育応援事業」の一環として、全国版教材を毎年県に寄贈している。今回で7回目。今年度は全国版に加え、県内の学校現場から寄せられた「特色ある県の農業をより詳しく勉強できる教材本がほしい」との要望に応え、JAグループ沖縄が初めて作成した県版「おきなわの農業」も贈られた。

 県版副読本には、沖縄の気候・土壌や農家人口・戸数のほか、県内の主な農畜産物は「どこで?なにを?どのくらい?」生産されるかなど、幅広いテーマが取り上げられ総合的に学習できる内容になっている。JA沖縄の県内52支店から今月中旬以降、地元の各小学校に届けられる。


カテゴリー一覧

観光関係

2023年2月9日(木)8:58
8:58

Wサーフィン国際大会が開幕

パリ五輪採用のiQフォイル/前浜で5日間最終日に決勝   2024年パリ五輪に採用されたウインドサーフィン競技「iQフォイルクラス」の国際大会「2023iQフォイルゲームス#1・ミヤコジマ・アイランド・ジャパン/iQフォイル・オール・ジャパン・チャン…

2023年2月9日(木)8:56
8:56

島産イチゴ真っ赤に完熟/上野新里の農園

収穫、出荷作業が本格化   上野新里にある「あまいの大好き!農園」(平良繁和園長)では、完熟した真っ赤なイチゴの収穫が本格化している。8日もスタッフが大玉のイチゴの朝採りと出荷作業に追われていた。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!