05/19
2022
Thu
旧暦:4月19日 仏滅 壬 
産業・経済
2014年7月2日(水)9:00

6年ぶりに下げ止まる/14年路線価

最高は西里大通り 1平方㍍6万8000円/宮古管内


宮古島署管内最高路線価は前年同様1平方㍍当たり6万8000円で「横ばい」推移した=1日、西里大通り

宮古島署管内最高路線価は前年同様1平方㍍当たり6万8000円で「横ばい」推移した=1日、西里大通り

 沖縄国税事務所は1日、2014年分の路線価等を発表した。宮古島税務署管内の最高路線価は「宮古島市平良字西里の西里大通り」で、1平方㍍当たり6万8000円となり、前年と同額だった。宮古島市の路線価は前年まで5年連続して下落し続けていたが、6年ぶりに下げ止まった。県内6税務署(那覇、宮古島、石垣、北那覇、名護、沖縄)の最高路線価はすべての地区で「横ばい」または「上昇」に転じた。横ばいは宮古島、石垣、名護の3カ所。那覇、北那覇、沖縄は上昇した。県内最高路線価は13年連続で「那覇市久茂地3丁目の国際通り」で1平方㍍当たり58万円となり、前年の55万円から3万円値上がり2年連続して上昇した。

 宮古島管内の最高路線価は1992年(当時の標準地は平良字下里ゲンカフーズ前市場通り)の1平方㍍当たり23万5000円をピークに94年までは「横ばい」で推移し、95年に「下落」に転じた。99年に現在の「西里大通り」に標準地が変更となって以降も下落は止まらず、2006年まで連続して下落した。

 07、08年は「横ばい」で推移するものの、09年から再び「下落」に転じ、その傾向は前年13年まで続いたが、ここに来てようやく下げ止まり感をみせている。

 宮古島署管内以外の最高路線価と対前年増減率は、那覇税務署管内「国際通り」1平方㍍当たり58万円(対前年増減率5・5%増)で前年に引き続き「上昇」となった。

 そのほか、石垣税務署管内「市役所通り」同10万5000円(同0・0%)、北那覇税務署管内「那覇中環状線」同33万円(同3・1%増)、名護税務署管内「名護バイパス」同6万3000円(0・0%)、沖縄税務署管内「町道美浜1号線」同11万5000円(同4・5%増)となっている。

 路線価 主要道路に面した1平方㍍当たりの土地の1月1日時点における評価額。土地の相続や贈与を受けた人の税額を算出する基準となる。公示地価や売買実例価格、不動産鑑定士の評価などを参考に、公示地価の8割程度を目安として国税庁が算出する。まず、基準となる標準地点の路線価を定め、次にその周辺の路線価を決める。


カテゴリー一覧

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!