10/03
2022
Mon
旧暦:9月8日 仏滅 己 
社会・全般
2014年7月31日(木)9:00

「復帰特別措置の延長を」/美ぎ島美しゃ市町村会

下地島空港利活用も/川上副知事に要請


川上副知事(右から3人目)に要請した下地市長(同2人目)、伊良皆村長(左端)ら要請メンバー=30日、県庁

川上副知事(右から3人目)に要請した下地市長(同2人目)、伊良皆村長(左端)ら要請メンバー=30日、県庁

 【那覇支社】宮古、八重山圏域の5市町村長で組織する「美ぎ島美しゃ市町村会」(会長・下地敏彦宮古島市長)は30日、県庁に川上好久副知事を訪ね、離島の石油製品の価格維持に関する復帰特別措置法の延長など両圏域が抱える課題解決への協力を要請した。下地市長は「宮古と八重山は一つの圏域と認識して、県の力を借りなければできない項目を挙げた。力添えをお願いしたい」として要請書を手渡した。

 川上副知事は「いずれの要請項目も必要性のあるものだとの観点で、しっかりと受け止めて検討していきたい」と、積極的に取り組む姿勢を示した。

 全15項目の要請で、下地市長は下地島空港・周辺残地の利活用促進を図るよう強く訴え、多良間村の伊良皆光男村長らは①教育専門職員「指導主事」の配置②小規模離島地域医療の支援・負担軽減③県営住宅の建設などを要望した。

 同会共通の要請事項として特措法延長をはじめ、①日台漁業取り決め・日中漁業協定への漁業関係者の意見反映、圏域周辺の取り締まり強化②沖縄漁業基金事業の実施③台風時の農水産物の出荷支援体制④本島向け生鮮農水産物の輸送費補助⑤修学旅行の補助制度拡充⑥児童生徒の学校給食無料化-など8項目への対応を求めた。

 川上副知事は、特措法延長について、「絶対にやらないといけない。来週にでも知事が強力に要請する予定だ。しっかりやっていきたい」と強調した。台風時の出荷支援体制については「台風8号の影響で農家の悔しさが良く分かった。どんな方法がより効果的か研究しながらやっていきたい」と応えた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!