07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
イベント 社会・全般
2014年8月10日(日)9:00

16日に市陸上競技場/10RUN

今年はOB実行委で開催


今年の開催について発表する石垣委員長代行(右から2人目)=9日、宮古青年会議所会館

今年の開催について発表する石垣委員長代行(右から2人目)=9日、宮古青年会議所会館

 「高校生チャリティーフェスタ10RUN(ワンオーラン)」実行委員会は9日、宮古青年会議所会館で会見を開き、11回目となる今年は16日午前9時から市陸上競技場で、「つなぐ」をテーマに開催すると発表した。ただし、今年は高校生による実行委員会を組織することができなかったことから、OBが実行委員長を代行。チャリティーランとはせず、高校生に広く参加を呼び掛け、来年度の実行委員会体制作りを目指す。

 「10RUN」は、高校生がスポンサーを探し、10時間で走ることのできた陸上競技場トラックの周回数に応じてスポンサーから協力金をもらい、それを福祉やボランティアの団体などに寄付する高校生主体のチャリティーイベント。2004年に第1回を開催し、昨年の第10回までに延べ約3000人の高校生が参加、400㍍トラックを1万9372周、約7748㌔を走破し、596万円の協力金を延べ約40団体に寄付してきた。

 今年も例年通りの開催を目指してきたが、高校生による実行委員会の組織ができず、開催そのものが危ぶまれたことから、「10RUN」のOB会を立ち上げ、同会と有志で実行委員会を設置。第5回の実行委員を務めた石垣太輔さんが実行委員長代行を務め、開催されることとなった。

 高校生実行委員6人のうちの3人も出席して開かれた会見で石垣委員長代行は「10年を掛けて育んできたこのフェスタの火を、何としても次世代につなぎたいとの思いから、実行委員会を代行する形をとることを決めた」と経緯を説明。「12回につなぐ大会にしたいので一人でも多くの高校生に参加してほしい」と多数の参加を呼び掛けた。

 今回はオープン参加として、高校生以外の参加者も募集している。参加希望者は当日、直接、陸上競技場へ。

 問い合わせは実行委員会世話人の川満さん(電話090・9781・4276)まで。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!