10/03
2022
Mon
旧暦:9月8日 仏滅 己 
スポーツ
2014年8月14日(木)9:00

重量挙げ全国制覇を報告/福里さん(宮高3年)

県教育長「オリンピック選手に」


諸見里教育長(前列左から2人目)に優勝報告した福里さん(同左端)と渡慶次監督(同右から2人目)、本永校長(同右端)=13日、県教育庁

諸見里教育長(前列左から2人目)に優勝報告した福里さん(同左端)と渡慶次監督(同右から2人目)、本永校長(同右端)=13日、県教育庁

 【那覇支社】第16回全国高校女子重量挙げ選手権(7月に広島県で開催)63㌔級で優勝した宮古高校3年の福里悠(はるか)さんが13日、県教育庁を訪れ、諸見里明教育長に優勝の報告を行った。諸見里教育長は「チャレンジ精神で世界に羽ばたいてほしい。東京オリンピックも視野に入れ、宮古島からオリンピック選手となるよう頑張って」と激励した。

 福里さんは、4度目の全国大会出場でジャークでは大会新記録となる98㌔をマーク。スナッチ78㌔のトータル176㌔で初優勝した。「優勝を目標に今までやってきた。高校生最後の大会で全国制覇ができて、とてもうれしい。監督や周りの支えがあってのこと。これからも期待に応えて、もっともっと上を目指していきたい」と話した。

 同高へ4年前に赴任してウエートリフティング部を創設し、部活動を開始した渡慶次晃監督は「1からスタートした状況の中で、彼女の家族の支えや周りのサポートもあり、今回の1位につながった」と喜んだ。

 本村博之校長は「監督の指導を素直に受け入れながら頑張ったのが今回の成果となった。全国制覇の達成に島を挙げて喜んでいる」と話した。

 福里さんは、9月2日から韓国で行われる日韓競技力向上スポーツ強化合宿に強化育成選手として、県内高校生3人と共に日本代表で参加する。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!