12/04
2021
Sat
旧暦:11月1日 大安 丙 
社会・全般
2014年8月14日(木)9:00

異業種のコラボで成長を

観光協がセミナー開催/羽根氏講話


羽根代表の話を聞くセミナー参加者たち=13日、県宮古合同庁舎

羽根代表の話を聞くセミナー参加者たち=13日、県宮古合同庁舎

 宮古島観光協会主催の「離島の観光・物産を盛り上げる人材を育てるコラボ成長力育成セミナー」が13日、県宮古合同庁舎で開かれた。人材育成などを行うアクティブラーニング(東京)の羽根拓也代表が、異業種のコラボレーション(共同制作)による成長の可能性などを語った。

 同セミナーには、市内の観光、物産関係事業所の担当者ら約20人が参加した。

 羽根代表は、新商品開発のポイントとしてコラボレーションを挙げ、山口で開催した食のグランプリで、ピーマン農家としょうゆメーカー、加工業者が手を組み開発した「ピーマンしょうゆ」という商品がグランプリを受賞し、大ヒットした実例などを紹介した。

 セミナー前に訪れた伊良部島について「見せ方次第で世界に通用すると思う」とした上で、「沖縄の離島は世界有数の可能性を持っている」との考えを示した。

 3、4人が1組になってのグループ討議も行われ、宮古島でのコラボレーションによる新商品開発の可能性について意見を交わした。


カテゴリー新着

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!