10/04
2022
Tue
旧暦:9月9日 大安 庚 
スポーツ
2014年8月16日(土)9:00

決勝Tで1勝狙う/宮古南星卓球クラブ

全国大会団体戦に挑戦


全国大会に挑む子供たち。(左から)横田恵叶君、砂川朝博君、兼島研斗君、池間夢良さん、牧志卓磨君、砂川風子さん=15日、宮古南星卓球場

全国大会に挑む子供たち。(左から)横田恵叶君、砂川朝博君、兼島研斗君、池間夢良さん、牧志卓磨君、砂川風子さん=15日、宮古南星卓球場

 17日に開幕する第32回全国ホープス卓球大会団体戦に、宮古南星卓球クラブの子供たちが挑む。男女それぞれ出場し、決勝トーナメントでの1勝を目指す。

 全国大会は17日から3日間、東京体育館で開催される。宮古南星卓球クラブは男子がいずれも平良第一小6年の牧志卓磨君、兼島研斗君、砂川朝博君、横田恵叶君の4人で構成。女子は同校4年の宮国悠乃さんと砂川風子さん、同3年の池間夢良さんの3人が挑む。

 競技は4チームで争う予選リーグを勝ち上がった計32チームが決勝トーナメントで争う方法で行われる。

 宮古南星卓球クラブの男子は予選リーグで長野、東京、徳島と対戦、女子は大阪、山形、東京と争う。

 男子の牧志君は「予選リーグで強い長野県に勝つことが目標。そして予選リーグを突破し、決勝トーナメントの1回戦を絶対に勝ちたい」と抱負を話した。

 女子の砂川さんは「決勝トーナメントに進んで1勝できるようにみんなで頑張りたい」と話した。

 男子監督の与那覇健一さんは「個人戦で全国大会に出場した経験を生かし、競り合いに勝つことができれば決勝トーナメントには行ける」と期待を込めた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!