08/10
2022
Wed
旧暦:7月13日 先勝 乙 
スポーツ 社会・全般
2014年8月19日(火)9:00

ソーラーカー世界最速に挑戦

篠塚建次郎氏が下地島空港で


下地島空港でソーラーカー世界最速ギネス記録に挑む篠塚氏(左)が下地市長とともに会見した=18日、市平良庁舎

下地島空港でソーラーカー世界最速ギネス記録に挑む篠塚氏(左)が下地市長とともに会見した=18日、市平良庁舎

 世界一過酷なカーレースといわれるパリ・ダカールラリー(1997年)で、日本人初の総合優勝を成し遂げた経験を持つ篠塚建次郎氏が20~22日の3日間、下地島空港においてソーラーカーによる世界最速ギネス記録に挑戦する。きょう19日はテスト走行を行う。ギネス記録へのトライに先立ち篠塚氏は18日、市平良庁舎で会見し、記録更新に向けた意気込みなどを語った。

 会見で篠塚氏は「昨年もアフリカで最速記録に挑戦したが、達成することができなかった。リベンジは太陽光の条件の良い沖縄でと考えていたところ、下地島空港が最適地であることを知り、宮古島市の強力な働き掛けでギネス記録挑戦の場として使用することができた」と、下地島空港で挑戦することになった経緯を説明した。

 これまでに篠塚氏は2008年のソーラーカー世界レースで優勝し、10、11年の南アフリカ、オーストラリアレースでも優勝の経験を持つ。また、13年には電気自動車一充電航続距離(途中無充電)のギネス記録に挑戦し、1300㌔を樹立した。

 現在、ソーラーカーによる最速記録はオーストラリアのサンスイフト・アイビー・チームが11年1月に出した88・738㌔がギネス記録に認定されている。

 篠塚氏は「南中高度の最も高い時間に記録を塗り替られるよう頑張りたい。天気も回復傾向にあるので、記録更新への自信は5割以上だ」と述べた。

 会見に同席した下地敏彦市長は「ソーラーカーによる世界最速記録が達成できれば、これはすごいことだ。世界中から下地島空港が注目されることになる。国際的な宣伝になることは間違いない」と述べ、篠塚氏にエールを送った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!