10/04
2022
Tue
旧暦:9月9日 大安 庚 
イベント 教育・文化
2014年8月26日(火)9:00

一流の演奏が聴衆魅了/みやこじま青少年国際音楽祭

フィナーレは出演者約120人による、迫力ある演奏が行われた=24日、マティダ市民劇場

フィナーレは出演者約120人による、迫力ある演奏が行われた=24日、マティダ市民劇場

 みやこじま青少年国際音楽祭(主催・同実行委員会)が24日、ドイツのマンハイム市立音楽学校青少年管弦楽団から約70人の団員を迎え行われた。同音楽祭には、日本フィルハーモニー交響楽団ソロ・コンサートマスターの木野雅之さん(バイオリニスト)をはじめ、国内からも一流の演奏家たちが出演。宮古島市ジュニアオーケストラのメンバーとも共演した。一流の演奏家らが奏でる曲が聴衆を魅了した。

 第1部は日本オーケストラ(天野誠指揮)、第2部はドイツのオーケストラ(ディートハルド・ラクサ指揮)の2部構成で行われた。フィナーレは出演者全員、約120人が「エグモント序曲」(ベートーベン)を合同演奏。洗練された管弦楽の魅力で聴衆を魅了した。

 音楽祭は琉球舞踊穂花会亀浜律子琉舞練場による「かぎやで風」や、空手の演武、仲本光正さんの歌と三線による「とうがにあやぐ」などの伝統芸能も披露された。

 第1部の日本のオーケストラによるチゴイネルワイゼン(サラサーテ)演奏では、木野さんのバイオリンが奏でる美しく澄んだ音色を聴衆は満喫した。

 第2部のマンハイムの演奏では、フェリチタス・ヴィラロンさん(バイオリニスト)が、バイオリン協奏曲二短調第1楽章(シベリウス)を演奏し、客席から大きな拍手と歓声を受けた。息子(15)と2人で演奏を聞いた40代の女性(平良)は「心臓にまで響くような、迫力のある本物の演奏を聴いた。このような機会は宮古島では少ない。きょうは十分に堪能した。機会があれば、また聴きたい」と感想を話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!