01/31
2023
Tue
旧暦:1月10日 仏滅 己 
政治・行政
2014年10月17日(金)9:00

公約の全事業に着手/下地市長

2期目の進ちょく率発表


2期目最初の年の公約進ちょく状況を発表した下地市長=16日、市長室

2期目最初の年の公約進ちょく状況を発表した下地市長=16日、市長室

 下地敏彦市長は16日、2期目の市長就任1年間である2013年度の公約取り組み内容とその進ちょく状況を公表した。公約で掲げた事業は漏れなく全事業に着手しており、任期4年間での達成率を100%とした数値で示し、取り組みのあった事業については、その4分の1にあたる25%として進ちょく率を示した。

 公約のうち、「将来を見据えた沖縄振興特別推進交付金(一括交付金)の効果的活用」では、下地市長が目玉事業として掲げた全天候型スポーツイベント等が行えるコンベンションホールや伝統工芸館などの観光交流拠点施設整備は、進ちょく率25%として示し、「総じて順調に計画が進められている」と自己評価した。

 「暮らしを支える島の産業振興と雇用拡大の推進」では、エコツーリズムの拠点となる「エコアイランド宮古島PR館(エコパーク)」がこのほど落成し開館したことから同様に25%の進ちょく率としている。

 「心安らぐ医療福祉と安心子育て支援の推進」では「地域支え合い体制づくり事業」を老人クラブに委託し、ニュースポーツの実施体験、スポーツ施設の視察、認知症の学習などを実施したことを報告した。

 このほか、公約数は主要10本の理念に基づいて実施した事業が記されているが、未着手の事業はなく、「コンベンションホール」(スポーツ観光交流施設)の建設のみ、施設設計委託業務でとどまっていることなどから、事業費執行率に基づいて計算し、進ちょく率を3%として示している。

 下地市長は「一括交付金という制度のおかげで公約の思い切った推進ができた。すべての分野において事業の執行を行い、市民が安心安全で、さらに住みよい市をつくっていくことにまい進したい」と述べた。

 また、選挙公約時に掲げた事業以外にも、伊良部大橋が架かることに伴い、「伊良部、下地島全体の観光振興に資する事業を実現させたい」と述べ、下地島空港とその残地、トゥリバー地区の融合活用が今後、宮古全体の発展につながることなどを示唆した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!