07/24
2024
Wed
旧暦:6月19日 赤口 己 
政治・行政
2014年10月17日(金)9:00

公約の全事業に着手/下地市長

2期目の進ちょく率発表


2期目最初の年の公約進ちょく状況を発表した下地市長=16日、市長室

2期目最初の年の公約進ちょく状況を発表した下地市長=16日、市長室

 下地敏彦市長は16日、2期目の市長就任1年間である2013年度の公約取り組み内容とその進ちょく状況を公表した。公約で掲げた事業は漏れなく全事業に着手しており、任期4年間での達成率を100%とした数値で示し、取り組みのあった事業については、その4分の1にあたる25%として進ちょく率を示した。

 公約のうち、「将来を見据えた沖縄振興特別推進交付金(一括交付金)の効果的活用」では、下地市長が目玉事業として掲げた全天候型スポーツイベント等が行えるコンベンションホールや伝統工芸館などの観光交流拠点施設整備は、進ちょく率25%として示し、「総じて順調に計画が進められている」と自己評価した。

 「暮らしを支える島の産業振興と雇用拡大の推進」では、エコツーリズムの拠点となる「エコアイランド宮古島PR館(エコパーク)」がこのほど落成し開館したことから同様に25%の進ちょく率としている。

 「心安らぐ医療福祉と安心子育て支援の推進」では「地域支え合い体制づくり事業」を老人クラブに委託し、ニュースポーツの実施体験、スポーツ施設の視察、認知症の学習などを実施したことを報告した。

 このほか、公約数は主要10本の理念に基づいて実施した事業が記されているが、未着手の事業はなく、「コンベンションホール」(スポーツ観光交流施設)の建設のみ、施設設計委託業務でとどまっていることなどから、事業費執行率に基づいて計算し、進ちょく率を3%として示している。

 下地市長は「一括交付金という制度のおかげで公約の思い切った推進ができた。すべての分野において事業の執行を行い、市民が安心安全で、さらに住みよい市をつくっていくことにまい進したい」と述べた。

 また、選挙公約時に掲げた事業以外にも、伊良部大橋が架かることに伴い、「伊良部、下地島全体の観光振興に資する事業を実現させたい」と述べ、下地島空港とその残地、トゥリバー地区の融合活用が今後、宮古全体の発展につながることなどを示唆した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年7月21日(日)9:00
9:00

キッチンカーグルメ満喫 「 ひらりんマーケット 」

ひらりんマーケット(主催・日本観光振興協会、宮古島市)が20日、平良港内のひらりん公園で開催された。会場には、たこ焼きやかき氷などキッチンカーが6台、アクセサリーなど物販が8店舗参加し、地元住民やクルーズ船観光客らがお目当ての商品を買い求めながら交流を楽しんだ…

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!