02/08
2023
Wed
旧暦:1月18日 赤口 丁 
社会・全般
2014年11月30日(日)9:00

伊志嶺守さんに感謝状/佐世保地方総監

海自の活動を積極支援


下地市長に感謝状の受領を報告する伊志嶺さん(左から2人目)。左端は伊藤支部長、右端は砂川所長=28日、市長室

下地市長に感謝状の受領を報告する伊志嶺さん(左から2人目)。左端は伊藤支部長、右端は砂川所長=28日、市長室

 海上自衛隊佐世保地方総監(池田徳宏海将)はこのほど、地域における防衛思想の普及と防衛基盤の育成に尽力したとして、伊志嶺守さん=平良東仲宗根=に感謝状を贈った。伊志嶺さんは28日、市役所平良庁舎に宮古地区自衛隊協力会長である下地敏彦市長を訪ね、感謝状の受領を報告。「多大な賞を受けて感無量。隊友会や父兄会、航空自衛隊第53警戒隊などの支援があったからこそ」と喜びを語った。

 伊志嶺さんは元海上自衛官で、現在は県隊友会宮古支部顧問。

 海上自衛隊の活動をさまざまな面から支援しているほか、艦艇の宮古島寄港の際には、地元住民との交流行事を積極的に開くなど、自衛隊と地域住民とのパイプ役として活躍している。

 感謝状と盾の贈呈は10月31日に長崎県佐世保で行われた自衛隊記念式典の中で行われた。

 下地市長は「長年にわたり地道に活動してきたことが認められたと思う」とたたえた。同席した伊藤利也県隊友会宮古支部長が「名誉ある感謝状で、奥さん(盟子さん)の協力と支えも大きかった」と話すと下地市長は大きくうなずいていた。

 砂川盛子自衛隊沖縄地方協力本部宮古島出張所長が同席した。


カテゴリー一覧

観光関係

2023年2月2日(木)8:58
8:58

12月観光客数は6万2179人/宮古島市

最多の19年度に次ぐ多さに 市観光商工課は1月31日、2022年12月の宮古島市への入域観光客数について、前年同月比1万3952人増の6万2179人だったと発表した。12月としての最多を記録した19年度の7万6621人には届かなかったものの、それに続く18年度…

2023年1月31日(火)8:58
8:58

きょう、開通から8年/伊良部大橋

宮古の観光産業をけん引   宮古本島と伊良部島を結ぶ伊良部大橋は、きょう31日で開通から8年を迎える。すっかり島民の生活路線として定着した大橋だが、宮古地区全体で飛躍的な伸びを示す観光産業のけん引役として内外の注目を集める。伊良部島、下地島では官民一…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!